慶應通信卒資格マニアの独り言(FC2)

自称、筋金入り?の資格マニア(資格ゲッター)のブログです。 暇潰しにどうぞ御覧下さ~い。

昼下がりのオスカー






 これは、とある昼下がりのオスカーを撮ったものです。

本当は、横から写真撮影をしたかったのですが、カメラを向けると、何故かしら、カメラ目線でカメラの方を向いてしまう為、横から写真撮影をすることが出来ませんでした。

これって、動物の本能なのかな~?。

やっぱり、本能的に防御が手薄になる横からの写真撮影は嫌なのかな?

 何れにしろ、オスカーは、相変わらず、のんびり気儘に実家で暮らしています。

出来ることなら、私も、オスカーみたいに、何も働かず、のんびり気儘に暮らしたいです。

以上

スポンサーサイト
  1. 2016/05/28(土) 08:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマス


 世間は、クリスマスムード一色ですが、さすがに、この年になると子供の頃感じた、クリスマスに対し心躍るような特別な感情は何も湧いて来ません。

それだけ、年を取ったというか、人間が枯れたということなのかもしれません。

 それにしても、この様なイベントの度に何時も思うのは、日本人って、ほんと、宗教に対して、良く言えば寛容、悪く言えば無頓着というか、無節操な民族なんだなあと思います。

葬式は寺、結婚式は教会、初詣に神社に行き、クリスマスを楽しみ、七五三の宮参り等、神仏ごちゃ混ぜ状態です。

 その為、特定の宗教を信じている外国人にとって、この様な日本人の宗教観は奇異なものに感じられるかもしれません。

しかし、私個人的には、特定の宗教観に凝り固まるよりも、この様な神仏ごちゃ混ぜ状態の宗教観を持った人の方が、価値観の多様化が進んだ社会では上手くやって行けるような気がします。

 因みに、写真は、新静岡セノバのクリスマスツリーです。

以上

  1. 2015/12/19(土) 10:40:52|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の訪れ



 静岡は一昨日から、急に寒くなりました。

特に、一昨日は物凄く寒かった気がします。

そんな時、偶々、北海道出身者と話をする機会があったのですが、その人の話では、この程度の寒さは、北海道だと10月位の寒さで、まだまだ秋で暖かい方だということでした。

因みに、一昨日、北海道では雪が降ったとのことでした。

それを聞いて、寒さが苦手な私は、絶対、北海道にだけは住めないなあと思いました。

 遂に、一年で最も私が苦手かつ嫌いな時期である冬が来てしまいました。

「来年のことを言うと鬼が笑う」と言いますが、今からもう春が待ち遠しくて堪りません。

冬なんか大嫌いです。

 因みに、上の写真は、毎日、通勤途中に見ている富士山です。

下の写真は、静岡駅のクリスマスツリーです。

こういう風景を見ると、否が応でも、より一層、冬の訪れを実感させられます。

以上

  1. 2015/11/29(日) 10:08:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウイーク


 シルバーウイークということで、金曜日の夜、実家に帰省しました。

実家に帰省する前、父から依頼されていたことは、シルバーウイーク期間中に父が一泊二日で旅行に行く為、その間、オスカー(犬)に餌をやることだけでした。

その為、それ位なら雑作も無いことだと思い、簡単な気持ちで承知しました。

 ところが、実家に帰省した途端、まんまと父の計略にはめられたことに気付きました。

帰省して、開口一番、父が発した言葉は、「日曜日に、隣組のドブさらいがあるで頼むな」でした。

ダチョウ倶楽部なら「聞いてないよ~」で済むんですが、現実は、そう甘くはなく、結局、私が父の代わりにドブさらいに参加せざるを得ない羽目になってしまいました。

 翌土曜日早朝、父は、嬉々として旅行に行きました。

 尚、ドブさらいの日時は、相当前から決まっていました。

多分、父は、帰省前にドブさらいへの参加を私に依頼すると、怠け者である私が帰省しない可能性が大きい為、それを見越し、このタイミングでドブさらいへの参加を依頼したのだと思います。

狸親父に、まんまとしてやられました。

 その様な次第で、日曜日朝8時から1時間程度、ドブさらいをしましたが、結構疲れました。

 さて、ドブさらいが終わり、やっとこれでゆっくりインターネットが出来ると思ったのも束の間、今度は、オスカーが「ワンワン」吠え出しました。

何事かと思い見たら、犬小屋の中にウンコが数個転がっていました。

オスカーは、どうやら、犬小屋の中にウンコが転がっているのが気に入らない様で、私に、ウンコを片付けろと催促する為に吠えたみたいです。

 全く、もう、父がオスカーを甘やかすものだから、オスカーの態度がでかくて困ります。

 因みに、写真は、綺麗になった犬小屋でドヤ顔をしているオスカーです。

「お前がドヤ顔をすんな」、「お前はウンコをしただけだろう」と思わず突っ込みを入れたくなります。

犬小屋を綺麗に掃除したのは私なんですけどね・・・。

以上


  1. 2015/09/21(月) 11:25:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文科省が実施した大学の「設置計画状況等調査の結果等について(平成26年度)」

 上記タイトルの資料は、文科省HP(http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ninka/1355057.htm

)内にあるPDF資料です。

 この資料を見ると、大学が抱えている色々な問題が見えて来ます。

資料内で多いのが、学生定員数の充足率70%未満や定員超過、定年規定を超えた教員の割合が高いという問題です。

これらの背景には、少子高齢化の影響、少しでも利益を上げたいという大学の思惑が有るのかもしれません。

 これらの問題については、やむをえない事情もあるのかもしれませんが、中には、大学の存在意義にも関わる様な論外の問題もあります。

中でも、資料内で特に印象に残った問題例を掲載しておきます。

①29番の大学は『○授業科目「物理」「化学」「生物」について、大学教育水準とは見受けられない内容である・・・○授業に出席することは当然のことであり、シラバス上、成績評価の基準として出席を考慮することは不適切である・・・』(前掲資料P14引用)

多分、講義内容が、中学や高校レベルということなのかもしれません。
 
②38番の大学は『○語学学校での日本語教育と同じ内容の授業科目が開設されていると思われるなど、学士(教育学)を授与するにふさわしい教育課程となっているかどうかについて疑義がある・・・』(前掲資料P17引用)

講義内容が語学学校と同じなら、わざわざ、大学に行く必要は有りません。

③50番の大学は、『○同一科目において、学生に対する指導や評価の方法等が教員ごとで異なっており、学生に混乱を与えていると思われる。また、成績評価基準に「出席状況」を挙げている科目があることや、各科目の成績評価結果に偏りがあることなどから、適切な成績評価がなされていないおそれがある。』(前掲資料P20引用)

通常、講義時には、指導や評価の方法等は一定基準に基づいて実施する事が基本だと思います。

④137番の大学は、『○教員の退職が多く、平成25年度末は教員組織の約5割が退職している状況である。』(前掲資料P42引用))

高齢者が多いのか、自己都合退職が多いのか、詳細は不明ですが、この退職率の高さは、異常な気がします。

⑤192番の大学は、『○今年度提出された報告書に事実と異なった記載が散見され、また、調査時の質疑応答においても、特に専任教員数及び教員の所属については回答が二転三転し、事実と異なる回答がなされた・・・○大学として開講しておらず講義実態のない「特別講座A~H」により資格の単位認定をしているが、・・・空科目で単位を認定することは不適切である。』(前掲資料P55引用))

突っ込みどころ満載ですが、余りにも酷過ぎて何も言うことはありません。

⑥195番の大学は、『○大学案内等において経済やビジネスに関する知識を習得できることをアピールしているが、本学科は「文学関係」の学位を授与する学科として設置されていることから、本来の学科の趣旨・目的から逸脱しているように思われる。』(前掲資料P57引用)) 

今回、指摘された学科は、こども学部アジアこども学科ですが、一体何の知識が習得できる学科なのか、今一つ、良く分かりません。

最近は、訳の分からない学部名や学科名が多過ぎて困ります。

⑦206番の大学は、『○届出時から今日までに教育課程を大幅に変更したことについて、経営上の問題に加えて、教員組織と事務組織の意思疎通ができていなかったことに起因しているとのことだが、現状においても学長が不在であったり、学部長、学科長が交代したりするなど、教学面の健全な運営がなされているとは言い難い。』(前掲資料P60引用))

おおとりに相応しい、問題山積みの大学です。

「君子危うきに近寄らず」です。

 大学選択時は、この様な資料も併用して選択した方が、後々、後悔することを防止出来ると思います。

以上

  1. 2015/04/12(日) 11:47:01|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

資格マニア

Author:資格マニア
 最初に、簡単に自己紹介をしておきます。

自称、筋金入り?の資格マニア(資格ゲッター)のブログです。

 職業は、貧乏人&怠け者です(笑)。

 束縛を嫌い、何よりも自由を愛し、自由気儘に生きている、おひとりさまです。

 現在は、某社でワーキングプア(ビルメン)をやりながら、貧しいながらも、平穏無事な日々を過ごしております。

 尚、慶應義塾大学法学部通信教育課程甲類を、15年半かかりましたが、2008年3月に、やっと卒業出来ました。

 資格にまつわる話ばかりではなく、豊富な転職経験、資格取得、慶應通信等を通じて得た知識を元にして、色々なジャンルについての記事を書いています。

暇潰しにどうぞ御覧下さ~い。

【生息地域】

静岡市内

【所有資格】

『免許・免状』
■第3種電気主任技術者(電験3種) ■職業訓練指導員(電気科、電気工事科) ■第1種電気工事士 ■第1級陸上特殊無線技士 ■第4級アマチュア無線技士 ■危険物取扱者(乙4) ■普通自動車(現:中型車8t未満に限る) ■普通自動2輪 ■消防設備士(甲4、乙6、乙7)■建築物環境衛生管理技術者(ビル管) ■ボイラー整備士 ■衛生工学衛生管理者

『試験合格』
■宅地建物取引主任者(宅建) ■1級ボイラー技士 ■貸金業務取扱主任者 ■福祉住環境コーディネーター検定2級 ■環境社会(eco:エコ)検定 ■予防技術検定(防火査察)

『技能講習修了』
■特定化学物質等作業主任者 ■有機溶剤作業主任者 ■第2種酸素欠乏危険作業主任者 ■フォークリフト■鉛作業主任者

『講習修了』 
■駐車監視員資格者  ■食品衛生責任者 ■甲種防火管理者 ■防災管理者 ■特別管理産業廃棄物管理責任者 ■RSTトレーナー ■家畜商 ■倉庫管理主任者 ■特別管理産業廃棄物管理責任者(医療関係機関等) ■統括管理者 

『その他』
■柔道初段 ■弓道初段 ■静岡県ふじのくに防災士 ■防災士 ■ふじのくに防災マイスター ■社会福祉主事任用資格 

【執筆著書】
①三輪智行『虎の巻第2種電気工事士計算問題の解き方』日本理工出版会
②三輪智行『虎の巻第2種電気工事士複線図の書き方』日本理工出版会

以上

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (2)
自己紹介 (1)
電工2種筆記試験対策 (10)
電工2種技能試験対策 (42)
電工2種合格者能力向上講座 (34)
資格取得体験記 (53)
読んで得する?資格の話 (17)
慶應通信法学部甲類体験記(塾生) (52)
慶應通信法学部甲類体験記(塾員) (8)
慶應通信を卒業する為の秘訣 (22)
デタラメ法律放談 (36)
読んで得する?ブログやPCの話 (23)
読んで得する?生活の知恵 (38)
就転職に役立つ話 (50)
料理等の話 (71)
消費生活講座 (13)
読書歴等 (15)
旅行等 (29)
その他 (48)
未分類 (0)
(0)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
2617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
習い事
87位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR