慶應通信卒資格マニアの独り言(FC2)

自称、筋金入り?の資格マニア(資格ゲッター)のブログです。 暇潰しにどうぞ御覧下さ~い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

慶應通信在学中に私が心掛けていたこと

 慶應通信在学中に私が心掛けていたことは、8つあります。

 第1は、批判精神を持つ(他人の言うことを鵜呑みにしない)ことです。

例えば、他人から勉強方法等を教えて貰うと、それを鵜呑みにしてしまう人をよく見かけますが、他人が教えてくれる勉強方法と言うのは、教えてくれる人にとっては最適な方法かもしれませんが、それが、必ずしも、自分にとって最適な方法だとは限りません。

その為、実施する前に、必ず、本当に自分にあった方法かどうかを、熟慮することが大事です。

従って、ここに書かれている内容についても、批判精神を持って読むようにして下さい。

 第2は、目的意識の明確化です。

これは、何の為に、慶應通信をやるのかということで、私の場合は、「高卒は嫌」と言う学歴コンプレックスがあった為、卒業することだけが唯一の目的でした。

 第3は、「敵を知り己を知れば百戦危うからず(孫子)」ということです。

これは、目的を達成する為には、敵(慶應通信)と己(自分の長所、短所、性格、能力等)に関する情報を正確に分析し、目的を達成する為の手段を考えることが大事であり、そうすることで、確実に、目的を達成することが出来ます。

例えば、私の場合は、卒業すると言う目的を達成する為に、知識を身に付ける為の勉強方法ではなく、単位取得目的の為の試験対策に特化した勉強方法を用いました。

 第4は、コンプレックスを上手く利用することです。

コンプレックスは、世間一般的には、悪いイメージとして捉えられることが、多いのですが、私は、そうは思いません。

それどころか寧ろ、私は、コンプレックスは、無いよりは、有った方がいいと思っています。

それは、コンプレックスは、現状に満足出来ないという感情であり、それが大きければ大きいほど、現状から抜け出したいという原動力になるからです。

例えば、私は、飽きっぽい性格なので、しばしば、意図的に、自分自身が持っているコンプレックスを強調することで、やる気を維持して来ました。

 第5は、マイナス思考を上手く利用することです。

コンプレックス同様、マイナス思考も世間一般的には、悪いイメージとして捉えられることが、多いのですが、私は、そうは思いません。

私は、マイナス思考も、コンプレックス同様、無いよりは、有った方がいいと思っています。

それは、マイナス思考は、トラウマの回復には必要不可欠であり、自分自身に対する戒めにもなるからです。

例えば、試験の出来が悪い時等は、落ち込むことが多いですが、そんな時に、無理に強がってプラス思考をすると、自分の本心を偽ることになり、精神的にかなりきついことがあります。

しかし、マイナス思考だったら、落ち込んでいる気持そのものなので、精神的にはきつくなく、そのような気持を素直に表現することで、気持の整理がつき易くなり、トラウマの回復に役立つことになります。

また、私は、基本的には、怠け者で、自分自身の能力を過信し、油断してしまうと、勉強等を一切しなくなるので、時々、意図的に、マイナス思考をすることで、自分自身に対する戒めとし、自分自身の能力を過小評価した上での、試験対策等をして来ました。

 第6は、自己肯定感(自分が好きという思いや自分に自信を持つこと等)を強くすることです。

これは、これまで述べて来た、コンプレックスやマイナス思考を上手く利用して、良い結果を出す為には、必要不可欠なことです。

その為、コンプレックスやマイナス思考を利用したメンタルコントロール方法は、自己否定感(自分が嫌いという思いや自分に自信が持てない等)が強い人には、不向きであり、場合によっては、自己否定感をより強くするという逆効果が生じる恐れがあるので、要注意です。

では、この自己肯定感を強くするにはどうしたらいいかというと、成功体験を積み重ねることです。

人間は、成功体験を積み重ねることによって、自分に自信を持つことが出来、自己肯定感を強くすることが出来ます。

 第7は、優先順位をつけることです。

慶應通信在学中に、避けては通れないのが、慶應通信と慶應通信以外のこと(お金、仕事、その他)の優先順位をどうするかと言う問題です。

私の場合は、慶應通信第一主義だったので、慶應通信以外のことを犠牲にすることに関しては、あまり悩むことは無かったのですが、お金の遣り繰りに関しては、非常に苦労しました。

そこで、私が、利用したのが、生命保険会社の契約者貸付金制度で、この制度は、生命保険や年金保険等の契約者に対して、解約払戻金の範囲内で、生命保険会社がお金を低金利で貸してくれる制度です。

この制度のいい所は、第三者からの借金とは、違い、借入金の返済は、随意であり、最悪、お金が返せない場合は、保険契約が解約になるだけなので、お金が返せなくても、借金地獄に陥る危険性が無いことです。

その代わり、多少、人生設計に変更が生じることがあるので、この制度を利用する時は、その点も考慮しておく必要があります。

 第8は、継続は力なりです。

これは、当り前と言えば、当り前のことですが、慶應通信は、途中で諦めずに続けてさえいれば、いつか必ず卒業出来るので、最後まで、諦めないことが大事です。

以上

http://university.blogmura.com/university_tsushin/ ←にほんブログ村 通信大学生

色々な大学通信教育課程ブログを閲覧することが出来ます。

以上 

スポンサーサイト
  1. 2008/09/26(金) 20:27:58|
  2. 慶應通信を卒業する為の秘訣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋の番組改編 | ホーム | 卒論要約3(注釈11~19)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shikakumaniafc2.blog.fc2.com/tb.php/513-48c486bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

資格マニア

Author:資格マニア
 最初に、簡単に自己紹介をしておきます。

自称、筋金入り?の資格マニア(資格ゲッター)のブログです。

 職業は、貧乏人&怠け者です(笑)。

 束縛を嫌い、何よりも自由を愛し、自由気儘に生きている、おひとりさまです。

 現在は、某社でワーキングプア(ビルメン)をやりながら、貧しいながらも、平穏無事な日々を過ごしております。

 尚、慶應義塾大学法学部通信教育課程甲類を、15年半かかりましたが、2008年3月に、やっと卒業出来ました。

 資格にまつわる話ばかりではなく、豊富な転職経験、資格取得、慶應通信等を通じて得た知識を元にして、色々なジャンルについての記事を書いています。

暇潰しにどうぞ御覧下さ~い。

【生息地域】

静岡市内

【所有資格】

『免許・免状』
■第3種電気主任技術者(電験3種) ■職業訓練指導員(電気科、電気工事科) ■第1種電気工事士 ■第1級陸上特殊無線技士 ■第4級アマチュア無線技士 ■危険物取扱者(乙4) ■普通自動車(現:中型車8t未満に限る) ■普通自動2輪 ■消防設備士(甲4、乙6、乙7)■建築物環境衛生管理技術者(ビル管) ■ボイラー整備士 ■衛生工学衛生管理者

『試験合格』
■宅地建物取引主任者(宅建) ■1級ボイラー技士 ■貸金業務取扱主任者 ■福祉住環境コーディネーター検定2級 ■環境社会(eco:エコ)検定 ■予防技術検定(防火査察)

『技能講習修了』
■特定化学物質等作業主任者 ■有機溶剤作業主任者 ■第2種酸素欠乏危険作業主任者 ■フォークリフト■鉛作業主任者

『講習修了』 
■駐車監視員資格者  ■食品衛生責任者 ■甲種防火管理者 ■防災管理者 ■特別管理産業廃棄物管理責任者 ■RSTトレーナー ■家畜商 ■倉庫管理主任者 ■特別管理産業廃棄物管理責任者(医療関係機関等) ■統括管理者 

『その他』
■柔道初段 ■弓道初段 ■静岡県ふじのくに防災士 ■防災士 ■ふじのくに防災マイスター ■社会福祉主事任用資格 

【執筆著書】
①三輪智行『虎の巻第2種電気工事士計算問題の解き方』日本理工出版会
②三輪智行『虎の巻第2種電気工事士複線図の書き方』日本理工出版会

以上

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (1)
自己紹介 (1)
電工2種筆記試験対策 (10)
電工2種技能試験対策 (42)
電工2種合格者能力向上講座 (34)
資格取得体験記 (52)
読んで得する?資格の話 (17)
慶應通信法学部甲類体験記(塾生) (52)
慶應通信法学部甲類体験記(塾員) (8)
慶應通信を卒業する為の秘訣 (22)
デタラメ法律放談 (36)
読んで得する?ブログやPCの話 (23)
読んで得する?生活の知恵 (37)
就転職に役立つ話 (50)
料理等の話 (71)
消費生活講座 (13)
読書歴等 (15)
旅行等 (29)
その他 (48)
未分類 (0)
(0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。