慶應通信卒資格マニアの独り言(FC2)

自称、筋金入り?の資格マニア(資格ゲッター)のブログです。 暇潰しにどうぞ御覧下さ~い。

弁護士にとって正義とは何か?

 今回も、「ホカベン」ネタです。

「ホカベン」は、法律ネタ満載でいいですね。

 今回の事件は、学校行事である遠泳をする為に行った海で、生徒が溺死したことに対し、引率教諭(学校側)の管理責任が問われたケースです。

今回、堂本弁護士(上戸彩)は、工藤弁護士(りょう)のサポート役として、学校側の代理人として、学校側の責任を否定すると言う立場です。

しかし、工藤弁護士の『依頼人の為なら、どんな手段も使う、それが弁護士の正義よ』と言う、方針に反発し、「弁護士にとって正義とは何か?」という問題で悩んでいると言う設定です。

 そこで、今回は、この工藤弁護士の台詞に着目してみることにします。

実は、この工藤弁護士の台詞にある考え方は、hired gun論と言われる考え方なんですが、hired gunという言葉には、殺し屋と言う意味もあります。

このような考え方の代表が、米国の弁護士です。

このことについて、『ワシントン州立大学ロースクールのダニエル・フット教授は、アメリカの著名な刑事弁護人の依頼者との最初の面接でのやり方について、次のように紹介している。「私に真実なんて言うなよ。真実なんて聞きたくもない。真実を聞いてしまったら、たぶん弁護がやりずらくなると思うよ。聞きたいのは、あなたが陪審員にどう信じてもらいたいか、ということだ。数分間考えてくれ。それから話をしよう」。これが、刑事弁護人の依頼者に対する対応であり、アメリカの刑事弁護人の圧倒的多数の見解を代表していると思われると述べている。』※1

 私が思うに、この考え方を端的に表しているのが、O・Jシンプソン裁判で用いられた、殺人事件ではなく、人種差別事件に対する裁判という論理のすり替えをするような、訴訟戦略です。

この裁判では、被告側(O・Jシンプソン)には、ドリームチームと言われる超一流の弁護団がついたのですが、この弁護団がとった手段が、警察が取り調べの中で、被告に対して使用した「ニガー(黒人に対する蔑称)」という言葉を強調することで、陪審員の中にある人種差別に対する非難意識を喚起し、この裁判を殺人事件ではなく、人種差別事件に対するものにするという論理のすり替えです。

その策が見事に功を奏し、陪審員の間では、被告人の罪や罰を明らかにし公正な裁判をするという概念よりも、人種差別事件に対する非難意識が勝った結果、被告人は無罪になったと言えます。※2

 実は、これと同じことが日本でもありました。

それが、山口光母子殺害事件の裁判で、21人もの大弁護団が取った、「押入れにドラエモンがいる」や「強姦ではなく母胎回帰である」に代表されるような、訴訟戦略です。

この様な、訴訟戦略は、私みたいな一般人の感覚からしたら、荒唐無稽に思え、とても理解出来るものではないのですが、被告人が「死刑を逃れたい」というようなことを望んでおり、この弁護団がhired gun論を信奉しているのだとしたら、必ずしも、荒唐無稽な考えであると決め付けることは出来ないと思います。

 最期に、「坊主、憎けりゃ、袈裟まで憎い」という諺がありますが、弁護士の場合は、「被告人、憎けりゃ、弁護士まで憎い」ということで、被告人が悪人だと、あたかも弁護士も悪人のように思われ、一生懸命仕事をすればする程、原告側からは恨まれることになってしまうので、本当に因果な商売だと思います。

弁護士に成らなくて良かったとつくづく思います。

と言うか、それ以前に、司法試験には、絶対受かりそうも無いので、成りたくても成れないか(苦笑)。

以上

【使用文献】
※1:村岡啓一「特集刑事弁護の論理と倫理(被疑者・被告人と弁護人の関係①)」『季刊刑事弁護No 22 Summer 2000』(2000年、現代人文社)、P32引用。

※2:宮本倫好『死刑の大国アメリカ 政治と人権のはざま』(1998年、亜紀書房)P139~14 4参照。

以上

http://www.blogmura.com/ ←にほんブログ村

法律に関するブログ等、色々なブログを閲覧することが出来ます。

以上

スポンサーサイト
  1. 2008/05/18(日) 16:15:41|
  2. デタラメ法律放談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<非常勤講師をやることになりました | ホーム | 大学からのお知せ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shikakumaniafc2.blog.fc2.com/tb.php/549-24b82564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

資格マニア

Author:資格マニア
 最初に、簡単に自己紹介をしておきます。

自称、筋金入り?の資格マニア(資格ゲッター)のブログです。

 職業は、貧乏人&怠け者です(笑)。

 束縛を嫌い、何よりも自由を愛し、自由気儘に生きている、おひとりさまです。

 現在は、某社でワーキングプア(ビルメン)をやりながら、貧しいながらも、平穏無事な日々を過ごしております。

 尚、慶應義塾大学法学部通信教育課程甲類を、15年半かかりましたが、2008年3月に、やっと卒業出来ました。

 資格にまつわる話ばかりではなく、豊富な転職経験、資格取得、慶應通信等を通じて得た知識を元にして、色々なジャンルについての記事を書いています。

暇潰しにどうぞ御覧下さ~い。

【生息地域】

静岡市内

【所有資格】

『免許・免状』
■第3種電気主任技術者(電験3種) ■職業訓練指導員(電気科、電気工事科) ■第1種電気工事士 ■第1級陸上特殊無線技士 ■第4級アマチュア無線技士 ■危険物取扱者(乙4) ■普通自動車(現:中型車8t未満に限る) ■普通自動2輪 ■消防設備士(甲4、乙6、乙7)■建築物環境衛生管理技術者(ビル管) ■ボイラー整備士 ■衛生工学衛生管理者

『試験合格』
■宅地建物取引主任者(宅建) ■1級ボイラー技士 ■貸金業務取扱主任者 ■福祉住環境コーディネーター検定2級 ■環境社会(eco:エコ)検定 ■予防技術検定(防火査察)

『技能講習修了』
■特定化学物質等作業主任者 ■有機溶剤作業主任者 ■第2種酸素欠乏危険作業主任者 ■フォークリフト■鉛作業主任者

『講習修了』 
■駐車監視員資格者  ■食品衛生責任者 ■甲種防火管理者 ■防災管理者 ■特別管理産業廃棄物管理責任者 ■RSTトレーナー ■家畜商 ■倉庫管理主任者 ■特別管理産業廃棄物管理責任者(医療関係機関等) ■統括管理者 

『その他』
■柔道初段 ■弓道初段 ■静岡県ふじのくに防災士 ■防災士 ■ふじのくに防災マイスター ■社会福祉主事任用資格 

【執筆著書】
①三輪智行『虎の巻第2種電気工事士計算問題の解き方』日本理工出版会
②三輪智行『虎の巻第2種電気工事士複線図の書き方』日本理工出版会

以上

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (2)
自己紹介 (1)
電工2種筆記試験対策 (10)
電工2種技能試験対策 (42)
電工2種合格者能力向上講座 (34)
資格取得体験記 (53)
読んで得する?資格の話 (17)
慶應通信法学部甲類体験記(塾生) (52)
慶應通信法学部甲類体験記(塾員) (8)
慶應通信を卒業する為の秘訣 (22)
デタラメ法律放談 (36)
読んで得する?ブログやPCの話 (23)
読んで得する?生活の知恵 (38)
就転職に役立つ話 (50)
料理等の話 (71)
消費生活講座 (13)
読書歴等 (15)
旅行等 (29)
その他 (48)
未分類 (0)
(0)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
2439位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
習い事
76位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR