慶應通信卒資格マニアの独り言(FC2)

自称、筋金入り?の資格マニア(資格ゲッター)のブログです。 暇潰しにどうぞ御覧下さ~い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

職場でのコミュニケーションの取り方(第1回)

 ニートが苦手なものは、コミュニケーションですが、実際に、ニートの人から話を聞くと、会社の休み時間等に、職場の人とどんな風にコミュニケーションを取ったらよいか分らない。

だから、それを苦痛に感じるということをよく聞きます。

 そこで、参考になるかどうかは分りませんが、私の休み時間の過ごし方を少し紹介します。

私は基本的に、一人でいる方が好きなので、休み時間等は、読書をしているか、昼寝をしているか、お茶を飲みながらボーとしているかのどれかです。

勿論、話し掛けられれば、受け答えはしますが、面倒臭いのは嫌いだし、職場の人間と親密に付き合う必要性も感じていないので、積極的に自分の方から人に話し掛けることはしません。

 これが善いか悪いかの判断は、人に因って分かれると思いますが、どうも、ニートに限らず日本人と言うのは、「和の精神」に代表されるように、皆で仲良く物事を進めていくことが絶対的に善い事であり、その為には、積極的にコミュニケーションを取り、親密な人間関係を築く必要があるという、強迫観念がある気がします。

そして、その様な強迫観念があるからこそ、それが出来ない人は、余計に焦りを感じ、自分で自分を追い込んでしまうのだと思います。

 そこで、その様な人に私が言いたいことは、他人とのコミュニケーションが苦手な人は、無理をして自分の方から、積極的にコミュニケーションを取る必要は無いということです。

自分の方から、他人に話し掛ける場合には、結構エネルギーを消耗します。

しかし、他人から話し掛けれたことに答えるだけなら、余りエネルギーは消耗しません。

だから、そういう人は、私みたいな消極的なコミュニケーション手法でも十分です。

 但し、消極的なコミュニケーション手法をする時にも、注意しなければいけないことがあります。

 一つ目は、答える時に、「はい」か「いいえ」というような断片的な答え方ではなく、相手が、話を続け易いように、ちょっと何か一言、付け加えることです。

 例えば、Aさんから「疲れた?」と聞かれ、Bさんが「はい」と答えると、それだけで話が終ってしまいます。

そうすると、Aさんが、折角話し掛けてくれたのに、次の話が続かなくて、そこで、会話が途切れてしまいます。

 しかし、同じ質問に対し、Bさんが「結構暑くて疲れました」と答えたらどうでしょうか?

Aさんは、「ここは、エアコンが無いから暑いかもしれないね。だから、熱中症には気を付けて。」と言う具合に答えるかもしれません。

そしたら、今度は、Bさんが「過去に熱中症になった人がいるんですか?」とか、「熱中症を防ぐ為にはどうしたらいいんですか?」と言う具合に、どんどん、会話を広げていくことが出来ます。

 これを、「会話のキャッチボール」と言うのですが、普通のキャッチボールを長く続けるコツは、相手がキャッチし易い所にボールを投げてやることですが、会話のキャッチボールも、それと同じで、相手が、会話をし易いように返事をしてやることが大事です。

 二つ目は、相手の話を遮らないことです。

これは、当り前のことですが、意外と出来ない人がいます。

私の所に来る生徒の中にも時々いますが、自分が疑問に感じたことや、思ったことがあると、相手が話をしているのにも関らず、相手の話を遮って、一方的に自分の考えていることをまくし立てる人がいますが、その様なことをすると、話を遮られた相手は、不快感を感じます。

ですから、これは、絶対にやってはいけません。

 三つ目は、人の陰口を言わないことです。

どこの職場にも、大抵、一人や二人は、人の陰口を言う人がいますが、うっかりその人の陰口に同調してしまったりすると、とんでもないことになります。

一番いいのは、陰口を言っている人の側には近寄らないことですが、場合に因っては、どうしてもその様な人の側に行かなければならないことがあります。

その様な場合、よく、陰口の同調を求められることがありますが、その時の対応法としては、次のような対応が考えられます。

 例えば、Aさんが「Cさんて、ちょっとおかしんじゃない?」と、Bさんに言ったとします。

その時、Bさんが、うっかり「そうだねー」という具合に軽い気持で相槌を打ってしまったとします。

そして、そのことが、Cさんに知れてしまったら、BさんとAさんは同類と見られてしまい、Cさんが不快感を感じることになります。

かといって、はっきり、Bさんが「Cさんは、おかしくないよ」と断言をしてしまうと、今度は、Aさんが不快感を感じることになります。

 このような場合のBさんの対応としては、「そうですかね~。そうは思えないんですけど」と言う具合に、やんわりと否定するか、「そうですか~、私には、ちょっとよく分からないんですけど」という具合に曖昧な、とぼけ方をするのが一番です。

 恐らく、若い人や真面目な性格の人の中には、このような答え方をするのは、卑怯な気がして抵抗感を感じ、大人の汚さや狡賢さと捉える人がいるかもしれませんが、世の中と言うのは、本音と建前の使い分けの世界であり、必ずしも、常に自分の本心を率直にさらけ出すことが正解ではありません。

 今、大河ドラマでやっている山内一豊みたいな馬鹿正直な生き方は、ある意味理想的ですが、今の世の中では通用しません。残念ながら、これが現実です。

 四つ目は、言葉使いを丁寧にすることです。

新入社員等として就職した場合は、例え年下であっても、自分以外の人間は全て、目上の者と考えた言葉使いをする事が大事です。

 これは、私が電力会社に就職したばかりの頃の失敗談ですが、同じ年の同僚に対し、仇名で呼んでしまい、その同僚から文句を言われたことがあります。

今は、違いますが、私が、配電部門(設計)の新入社員として、工業高校を卒業と同時に、電力会社に就職した頃は、まだ中卒者の採用をしていました。

中卒者の人達は、3年間愛知県にある全寮制の研修所で、高校の通信教育を受けながら、現場作業をする為の教育を受け、そこを卒業した人達が、実際に、電柱上での作業等をすることになります。

その為、彼らは、卒業前の一年間は、現場実習ということで、実際に現場に配属され、そこで作業を担当しながら、研修を受けます。

私が仇名で呼んでしまった同僚もそんな一人でした。

ですから、彼は、歳こそ私と同じであっても、社会に出たのは私より一年早く、電力会社の現場経験も私より1年早く積んでいると言った点では、職場の先輩と言うことになります。

そんな先輩に対し、私は、同じ歳だからという気安さから、仇名で呼んでしまうという失敗をしてしまいました。

その同僚とは、その後仲良くなり、その時のことは笑い話となりましたが、今から考えてみれば、汗顔の至りです。

 学生時代は、目上や目下の者がはっきりしているので、年齢で判断すれば、容易に見分けがつきます。

しかし、社会に出れば、若くても管理職の人もいれば、歳を取っていても平社員と言う人もいます。

或いは、同じ年代であっても、正社員、アルバイト、派遣社員、パート等色々な身分の人がいるので、簡単には、目上や目下の判断がつきません。

その時、判断を誤ってしまうと、私みたいな失敗をしてしまうことになります。

それを防ぐ為には、自分以外の人は、全て目上だと思って丁寧な言葉使いをすることが無難です。

丁寧な言葉使いだったら、例え、誤って、目下の人に使ってしまったとしても、相手の人が不快感を感じることはありません。

 これら四つが、職場でコミュニケーションを取る際に、最低限気を付けなければいけないことです。

コミュニケーションを取ることが苦手な人は、取り敢えず、これらのことを実践してみたらいいと思います。
                                        以上

http://www.blogmura.com/ ←ブログランキング にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、気が向いた時に、クリックしてください。 

スポンサーサイト
  1. 2006/09/18(月) 14:51:45|
  2. 就転職に役立つ話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<職場でのコミュニケーションの取り方(第2回) | ホーム | 被害事例5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shikakumaniafc2.blog.fc2.com/tb.php/705-86ad7932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

資格マニア

Author:資格マニア
 最初に、簡単に自己紹介をしておきます。

自称、筋金入り?の資格マニア(資格ゲッター)のブログです。

 職業は、貧乏人&怠け者です(笑)。

 束縛を嫌い、何よりも自由を愛し、自由気儘に生きている、おひとりさまです。

 現在は、某社でワーキングプア(ビルメン)をやりながら、貧しいながらも、平穏無事な日々を過ごしております。

 尚、慶應義塾大学法学部通信教育課程甲類を、15年半かかりましたが、2008年3月に、やっと卒業出来ました。

 資格にまつわる話ばかりではなく、豊富な転職経験、資格取得、慶應通信等を通じて得た知識を元にして、色々なジャンルについての記事を書いています。

暇潰しにどうぞ御覧下さ~い。

【生息地域】

静岡市内

【所有資格】

『免許・免状』
■第3種電気主任技術者(電験3種) ■職業訓練指導員(電気科、電気工事科) ■第1種電気工事士 ■第1級陸上特殊無線技士 ■第4級アマチュア無線技士 ■危険物取扱者(乙4) ■普通自動車(現:中型車8t未満に限る) ■普通自動2輪 ■消防設備士(甲4、乙6、乙7)■建築物環境衛生管理技術者(ビル管) ■ボイラー整備士 ■衛生工学衛生管理者

『試験合格』
■宅地建物取引主任者(宅建) ■1級ボイラー技士 ■貸金業務取扱主任者 ■福祉住環境コーディネーター検定2級 ■環境社会(eco:エコ)検定 ■予防技術検定(防火査察)

『技能講習修了』
■特定化学物質等作業主任者 ■有機溶剤作業主任者 ■第2種酸素欠乏危険作業主任者 ■フォークリフト■鉛作業主任者

『講習修了』 
■駐車監視員資格者  ■食品衛生責任者 ■甲種防火管理者 ■防災管理者 ■特別管理産業廃棄物管理責任者 ■RSTトレーナー ■家畜商 ■倉庫管理主任者 ■特別管理産業廃棄物管理責任者(医療関係機関等) ■統括管理者 

『その他』
■柔道初段 ■弓道初段 ■静岡県ふじのくに防災士 ■防災士 ■ふじのくに防災マイスター ■社会福祉主事任用資格 

【執筆著書】
①三輪智行『虎の巻第2種電気工事士計算問題の解き方』日本理工出版会
②三輪智行『虎の巻第2種電気工事士複線図の書き方』日本理工出版会

以上

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (1)
自己紹介 (1)
電工2種筆記試験対策 (10)
電工2種技能試験対策 (42)
電工2種合格者能力向上講座 (34)
資格取得体験記 (52)
読んで得する?資格の話 (17)
慶應通信法学部甲類体験記(塾生) (52)
慶應通信法学部甲類体験記(塾員) (8)
慶應通信を卒業する為の秘訣 (22)
デタラメ法律放談 (36)
読んで得する?ブログやPCの話 (23)
読んで得する?生活の知恵 (37)
就転職に役立つ話 (50)
料理等の話 (71)
消費生活講座 (13)
読書歴等 (15)
旅行等 (29)
その他 (48)
未分類 (0)
(0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。