検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2007年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
82位
アクセスランキングを見る>>
PR
PR

電気工事士&高圧電気工事技術者試験受験体験記

2007/02/27 13:28:38 | 資格取得体験記 | コメント:0件

 私が、電気工事士免状を取得したのは、高2(昭和61年)の時で、高圧電気工事技術者試験に合格したのは、高3(昭和63年)の時です。当時は、現第2種電気工事士は電気工事士、現第1種電気工事士は高圧電気工事技術者と呼ばれていました。又、試験制度も今とは大分違いました。電気工事士試験は、筆記と技能があるのは今と同じですが、技能試験時に材料等選別と単位作業が行われました。単位作業時に使用できる工具は指定工...続きを読む
スポンサーサイト

債権の二重譲渡

2007/02/25 14:23:50 | デタラメ法律放談 | コメント:0件

 債権の二重譲渡の対抗問題のポイントは、①確定日付けある証書②債務者への通知③債務者の承諾の3点で、この3点を元にして、対抗できるかどうかを判断します。 ①確定日付けある証書とは、公証人が作成する公正証書、登記所または公証人役場の日付印が押印された証書、官公庁(郵政公社含む)の作成する証書等(民法施行規則第5条)です。この時、要注意なのが、内容証明郵便と速達郵便や書留郵便の違いです。法律上、確定日付あ...続きを読む

改訂・債権総論レポート提出

2007/02/23 15:46:56 | 慶應通信法学部甲類体験記(塾生) | コメント:0件

 今日やっと、改訂・債権総論のレポートを完成させ、ポストに投函してきました。この科目の課題は2題あり、一題目が、債権者代位権や詐害行為取消権関係の問題、2題目が債権の二重譲渡の問題でした。  この両方の答えを4000字以内にまとめないといけないのですが、1題目の問題の答えだけで3000字近くになってしまったので、2題目の答えは、1000字くらいしか書けませんでした。その為、ちょっと答えの分量のバラ...続きを読む

三相電動機(私もよく分からないので誰か教えてくださ~い。)

2007/02/21 11:22:53 | 電工2種合格者能力向上講座 | コメント:0件

 『三相電動機で、Y-△始動用に口出し線が6本出ており、表示が無い為、そのUVW(XYZ)が分からない場合、どうやって判断したらいいのでしょうか?』(http://blogs.yahoo.co.jp/kuma032jp/5047826.htmlさんの記事要約) 使用中の電動機なら検相器を使えば、判断がつくかもしれませんが、取り外してある電動機の場合はどうやって判断したらいいのでしょうか?私も、よく分からないので誰か教えてくださ~い。 私自身、こ...続きを読む

冬のアイス

2007/02/18 13:44:31 | 美味探求 | コメント:0件

 冬のソナタではなくて、冬のアイスです。 ちょっと、寒いですけど私のおやつです。 このアイスは、チョコレートのパリパリ感が堪らなくて、一度食べたら病み付きになります。 寒いのを我慢して食べるだけの価値はあります。 冬のアイスは最高で~す。                                        以上http://www.blogmura.com/ ←ブログランキング にほんブログ村↑ブログランキングに参...続きを読む

経済学1

2007/02/18 13:04:35 | 慶應通信法学部甲類体験記(塾生) | コメント:0件

 皆さんは、1億円の預金が4億円の預金になるという話があったら、信じますか?恐らく、大部分の人は、こんな話は胡散臭い話だという印象を持つと思います。ところが、現実には、こんなに胡散臭いことを利用した商売があります。それが銀行です。 実は、1億円の預金が4億円の預金になるという話は、経済学的に云えば、胡散臭い話でもなんでもなくて、ちゃんと経済システムとして成立する根拠があります。それが、「信用の創造...続きを読む

第3種電気主任技術者試験受験体験記

2007/02/17 12:44:38 | 資格取得体験記 | コメント:0件

 私は、平成7年に6回目の挑戦でやっと、第3種電気主任技術者試験に合格する事が出来ました。 第3種電気主任技術者試験というのは、通称、電験3種と言われている試験で、電気関係の分野では、非常に有名な試験ですが、世間的には、この試験よりは、電気工事士試験の方が有名です。 電気主任技術者というのは、一定規模以上の電気設備を取り扱う時、電気の取扱責任者になる為の資格で、電気主任技術者がいないと、一定規模以...続きを読む

卒論指導2回目申込

2007/02/11 10:58:46 | 慶應通信法学部甲類体験記(塾生) | コメント:0件

 先日、卒論指導2回目の申込をしました。実は、私は、大学から2008年9月30日で在籍期間が満了するという通知を貰っているので、それまでに卒業出来なければ原則として退学になってしまいます。勿論、原則があれば例外があり、一定の条件を満たせば、在籍期間を超えても退学しなくて済みます。しかし、出来ることなら何とか在籍期間内に卒業したいので、今の所、私としては、2008年3月を目途に、卒業したいと思ってい...続きを読む

2級ボイラー技士受験体験記

2007/02/08 12:55:15 | 資格取得体験記 | コメント:0件

 1/30(火)に受験した、2級ボイラー技士試験の結果が出ました。今回は、今年初めての国家資格試験受験でしたが、無事、合格出来たのでよかったです。 それにしても、正直言って、今回の試験は、合格できるかどうか危なかったです。試験問題を解いていても、一度も見たことが無い問題ばかりで、殆ど大部分の問題を勘に頼って解くという、危険な綱渡り状態でした。 本来、2級ボイラー技士試験は、例年合格率が50%前後と...続きを読む

民法772条【嫡出性の推定】問題解決法?

2007/02/06 13:45:00 | デタラメ法律放談 | コメント:0件

 この記事は、「蚊取犬」さんの記事(http://blogs.yahoo.co.jp/k_wanko3/12744922.html)を読んでいて思い付いた感想文?で~す。 民法772条の問題は、「・・・婚姻の解消若しくは取消の日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。」という条文の解釈を巡り、この期間内に生まれた子供を誰の子供として認めるのが妥当かという論争です。 例えば、前夫と離婚直後に知り合った男性と出来ちゃった結婚...続きを読む