FC2ブログ

カテゴリ


検索フォーム


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事


最新コメント


最新トラックバック


にほんブログ村


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
439位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
73位
アクセスランキングを見る>>

PR


お化け漏電



 とある日の出来事です。

私が日課の昼寝をしていたら、「停電して電気が消えてしまった」という一本の電話で叩き起こされました。

半分寝ぼけ眼で、メガー等を用意して、現場に急行しました。

 分電盤を見たら、主幹である中性点欠相保護機能付の過負荷保護付漏電遮断器が動作しており、漏電表示が出ていました。

その為、漏電で主幹が動作したものと判断し、主幹を「OFF」にして、主幹2次側の対地絶縁抵抗をメーガーで測定しました。

測定値が20MΩ以上で問題無かった為、試しに主幹を「ON」にしてみたら、復電しました。

5分位、様子を見ていたのですが、特に異常が無かった為、雷かノイズ等の突発的な外因で誤動作したのではないかと思い、片付けをして帰ろうとしました。

 ところが、世の中、そう上手くはいかなくては、その瞬間、又、主幹が漏電で動作してしまいました。

再度、主幹を「ON」にしようとしました。

しかし、今度は、主幹を「ON」にすることが出来無かった為、一度、分岐回路用ブレーカーを全て「OFF」にし、端から順番に一つづつ「ON」にして、漏電回路を特定する方法に切り替えました。

そうしたところ、最後の分岐回路を「ON」にすると、主幹が動作することが判明しました。

そこで、応急処置として、最後の分岐回路のみ「OFF」にし、それ以外の回路は全て「ON」にして復電しました。

 ここまで来たら、後は、漏電個所の特定ですが、先方都合で、その時は漏電個所の特定作業が出来なかった為、作業を一時中断し後で作業することになりました。

 時間が経過し、作業を再開したのですが、不思議なことに、最後の分岐回路の対地絶縁抵抗を測定したら、絶縁抵抗値は異常無しでした。

漏電状態が継続していれば、漏電個所の特定は比較的容易ですが、消えたり現れたりするお化けみたいな漏電は、ほんと厄介です。

このような漏電の原因としては、延長コードの漏電、配線ミス、負荷の漏電等が考えられますが、ここから先の調査は、先方が依頼した業者がやることになりました。

 後日、その調査結果を聞いたら、漏電原因は、驚くべき程、初歩的な電気工事の配線ミスだったことが判明しました。

何と、100V15A接地極付抜け止め式コンセント2口の接地側電線と接地線が逆に接続されていたとのことでした。

尚、実物が手元に無い為、接地端子付100V15A接地極付コンセントを代用して、この状態を再現したのが写真です。

まさか、プロの電気工事業者が、こんな初歩的なミスをするとは思いもよりませんでした。

しかし、これを聞いて、やっと、漏電原因が納得出来、頭の中のモヤモヤが晴れました。

 私の推測では、今回の漏電現象のメカニズムは下記の通りだと思います。

①分岐回路用ブレーカー「ON」、コンセントに負荷が接続されていない状態では、原則、接地側電線の電位は0Vで有り、接地側電線―コンセント接地極迄しか繋がらない為、漏電しません。

②分岐回路用ブレーカー「ON」、コンセントに負荷が接続され、負荷SWが「ON」になった状態では、非接地側電線―コンセント非接地側―負荷―コンセント接地側―接地線―分岐回路分電盤接地ターミナル―接地という回路が形成され、地面と接続される為、漏電します。

③分岐回路用ブレーカー「OFF」、接地側電線―コンセント接地極迄しか繋がらない為、絶縁抵抗OK。

④分岐回路用ブレーカー「OFF」、コンセントに負荷が接続され、負荷SWが「ON」になった状態では、非接地側電線―コンセント非接地側―負荷―コンセント接地側―接地線―分岐回路用ブレーカー迄しか繋がらない為、絶縁抵抗OK。

以上

スポンサーサイト

エアコン用コンセントの電源電圧(100V⇒200V)変更工事







 実家のエアコンが故障した為、新しいエアコンを購入することになりました。

現在は、100Vエアコンを使用していますが、今度購入するのは200Vエアコンです。

その為、エアコン用コンセントの電源電圧を100V⇒200Vに変更する必要があります。

 エアコンを購入する家電量販店で確認したところ、電源電圧(100V⇒200V)変更工事は、別料金で、コンセント交換が2,000円、ブレーカーの端子(100V⇒200V)組換えが2,000円掛ることが判明しました。

そこで、家電量販店に、第一種電気工事士免状を持っており自分でそれらの作業をする為、その分の料金を負けてもらうことが出来ないか交渉してみました。

そしたら、工事担当者と何か相談していましたが、結果的には、OKということになりました。

尚、工事に必要な材料は、接地極付200V用コンセント(15A/20A兼用)480円とコンセントプレートカバー100円で、これは、ホームセンターで購入しました。

第1種電気工事士免状のおかげで、本来なら4,000円掛る工事が、材料費のみの580円で済み、ラッキーでした。

 エアコン用コンセントの電源電圧変更工事(100V⇒200V)のポイントは4つあります。

①200Vエアコンを接続する分岐回路が専用回路かどうか?

この確認を怠り、専用回路でない分岐回路の電源電圧を200Vに変更してしまうと、100V機器が焼損してしまいます。

●実家の分岐回路は専用回路でした。

②200Vエアコンを接続する分岐回路のブレーカーが100V/200V兼用かどうか?

ブレーカーが100V/200V兼用の場合は、ブレーカーの端子(100V⇒200V)組換えをするだけで、電源電圧変更が出来ます。

しかし、そうでない場合は、ブレーカーを交換する工事が必要です。

●実家のブレーカーは100V/200V兼用でした。

③コンセントに接続されている配線が2.0mm以上かどうか?

20A配線用遮断器分岐回路の20Aコンセントに接続する配線太さは、2.0mm以上にする必要があります。

その為、配線太さが1.6mmの場合は、電線の張替工事が必要です。

●実家の配線太さは、2.0mmでした。

④コンセントの所に接地線があるかどうか?

既設エアコンが、接地極付コンセントや接地端子付コンセントを使用している場合は、接地線が有る為、特に問題ありません。

しかし、接地線が無い場合は、接地極付コンセントに接地線を接続する工事か、室外機の所で接地工事をする必要があります。

●実家のコンセントの所には接地線がありませんでした。

その為、室外機側で接地工事をすることにしました。

因みに、このことに関する質問は、よくあるみたいで、関東電気保安協会HP内「電気のお役立ち情報」⇒「電気相談事例集」⇒「電気器具の事例」⇒「200Vの増設配線工事について」


を引用すると下記の様に説明されています。



質問

200Vエアコンを購入し200Vの増設配線工事をやってもらったのですが、エアコン側のコンセントの中を見たところ接地極には何もつながっておらず、分電盤からの線も2本しかきていません。これで大丈夫なのでしょうか?(幹線は単相3線です。)

答え

お客さまが購入されたエアコンは200ボルト用ということと分電盤から2本の電線で配線されていることから考えますと単相200ボルトのエアコンと思います。この場合、エアコンの動作については問題ありません。また、アースについてですがアースはエアコンが漏電した場合、漏れた電気を大地に流し漏電による感電や火災を防止するためのものです。
そして、アースの取り付け方法にはアース付きのコンセントを利用する場合と室外機に直接アースする場合があります。エアコンのコンセントにアース線がないことからお客さまの場合は室外機を直接アースしているのではと思います。
確認方法は室外機の外箱から緑色の電線がアース棒を通して地面に埋め込まれているようでしたらアースが付いているという事になります。
ご確認をお願いいたします。そして、もしアースが見当たらないようでしたら購入された電気店にご相談されることをお勧めいたします。


 
此処まで引用。

 確認作業が終了したので、工事に取り掛かります。

①分電盤の所で、SB(サ-ビスブレーカー)と漏電遮断器を「開放」します。

②分電盤内の無電圧を確認します。

③ブレーカーの端子(100V⇒200V)組換えを行います。

組換え前(100V)(最上部写真)、組換え後(上から2番目写真)です。

少し分かり難いかもしれませんが、2つの写真を比べると、1ヶ所だけ端子ねじの位置が異なっています。

④コンセント交換を行います。

交換前のコンセント周辺図(100V)(上から3番目写真)、交換前のコンセント拡大図(100V)(下から3番目写真)、交換後のコンセント拡大図(200V)(下から2番目写真)、交換後のコンセント周辺図(200V)(最下部写真)です。

⑤SB(サ-ビスブレーカー)と漏電遮断器を「投入」します。

⑤コンセントの電圧確認をします。

測定電圧が200VならOKです。

これらが、今回の作業内容です。

以上

リングスリーブ(大)

 過去、2回だけ、仕事でリングスリーブ(大)の圧着接続をしたことが有ります。

リングスリーブの(特小)、(小)、(中)は、仕事で何度も圧着接続をしたことが有りますが、(大)だけは、2回しかありません。

その時の工事内容は、フロアーコンセント取付の電気工事で、IV2.0×4+VVF1.6×1の圧着接続です。

 (中)迄なら、圧着するのが比較的容易ですが、さすがに(大)ともなると、圧着ペンチを握る力が非常に必要な為、一苦労でした。

2回やっただけで、手が痺れてしまい、とても疲れました。

 私は、電気工事会社に勤めている訳ではないので、(大)を圧着する機会は滅多にありません。

しかし、電気工事会社で働いている人は、数え切れない程、(大)の圧着接続をやらなければいけないので、握力が相当強くなると思います。

つくづく、電気工事は大変できつい仕事だと思います。

 電気工事会社で働くことを考えている場合は、電気工事の勉強は勿論ですが、それだけではなく、体力作りもしっかりとしておいた方が良いです。

以上

納屋の電灯増設工事



 昨日は、天気も良く、過ごしやすい気候だった為、父に頼まれた納屋の電灯増設工事をやりました。

工事内容は、現在、不使用の配線を撤去し、レセプタクルと露出型タンブラスイッチを一個取り付けるだけの、至極、簡単な工事です。

尚、接続箇所は、リングスリーブで接続しても良かったのですが、何時ものように、在庫処分を兼ねて、端子付きジョイントボックスを使用しました。

 上の写真が工事前、下の写真が工事後です。

 電気工事士免状は、仕事は勿論、DIYをする時にも役立つので、非常に重宝しています。

その為、DIYが趣味の人は、第二種電気工事士免状を取得しておくと、何かと便利だと思います。

又、電気工事を自分でやれば、材料費のみで工事が出来る為、電気工事屋に工事を依頼するよりも安価で済み、家計的にも非常にお得です。

以上

http://qualification.blogmura.com/ ←にほんブログ村 資格ブログ

以上

感電防止方法

 これから益々暑くなりますが、これからの時期は、汗や湿気、或いは雨等によって、感電事故が発生し易くなります。

そこで、今回は、ペーパー第2種電気工事士の為に、感電防止方法について簡単に説明したいと思います。

 感電は、電源→人体→電源というように、電源から出た電流が人体を経由し、再び電源に戻るという閉ループ(閉回路)が出来た時に起こります。

 その為、感電を防止する為には、この状態になるのを防げばいいので、人体への電流の流入や流出を防ぐことが重要です。

要するに、電流の流入か流出を防げば、閉ループにはならない(電流の通り道が作られない)ので、感電を防ぐことが出来ます。

このような理由で、感電防止方法としては、流入点には絶縁ゴム手袋等、流出点には絶縁ゴム長靴等の電気絶縁用保護具が使用されています。

 因みに、時々、活線(通電)状態で電気工事をする時、「ゴムは絶縁物だから家庭用のゴム手袋やゴム長靴等を使用すれば感電しない」という趣旨のことを言う人が居ますが、それは大間違いです。

家庭用品では、電気絶縁用保護具の代わりにはなりません。

家庭用品を電気絶縁用保護具として使用することは、感電する危険性が高いので絶対に止めて下さい。

以上

http://www.blogmura.com/ ←にほんブログ村

以上


 | ホーム |  次のページ»»