fc2ブログ

カテゴリ


検索フォーム


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2006年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新記事


最新コメント


最新トラックバック


にほんブログ村


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
187位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
33位
アクセスランキングを見る>>

被害事例5

 木曜日に4回目の暮らしのサポーター養成講座を受講して来ました。

今回も、消費者問題専門の弁護士の話が聞けたので、その内容を紹介します。

今回は、クレジット名義貸詐欺事件です。

 これは実際に静岡で起きた話で、被害者が沢山出て、今回の講師である弁護士が被害者側弁護人として担当した事件です。

尚、講義の中では、事件の当事者である、某布団販売会社と某大手クレジット会社の具体的な名前が出てきましたが、今回は、匿名としておきます。

 事の顛末は、以下の通りです。

 静岡に某布団販売会社があり、その布団販売会社勤務の顔見知りの販売員から頼まれ、絶対に迷惑をかけないという言葉を信じ、被害者達(名義貸をした人達)は、実際は、布団を購入していないのに、布団を購入したという架空のクレジット契約を結びました。
 
 また、被害者達は、販売員から、クレジット会社から、布団購入に関しての問合せがあった時は、全て「はい」と答えればいいと、言われていたので、その通り、クレジット会社からの問合せに答えました。

 こうして、クレジット契約の審査にパスし、クレジット会社からその布団販売会社に、布団代としてお金が支払われました。

 ところが、しばらくたって、その布団販売会社が、とんずらしてしまい、行方がわからなくなってしまいました。

その後の調べで、実は、その布団販売会社は、資金繰りが厳しく、運転資金を調達する為に、意図的に、偽のクレジット契約を結び、クレジット会社からお金を調達していたことが判明しました。

 そこで、クレジット会社は、お金を取り返す為に、行方が分らない布団販売会社の代わりに、被害者達を相手に訴訟を起こしました。

それに対し、地裁判決は、クレジット会社側の全面勝訴で、被害者達に対し、債務(借金)の全額支払を命じました。

高裁判決は、多少は、クレジット会社側の落ち度も認め、被害者達の負担が、1/3減額され、最終的には、被害者達が債務の2/3を払うことで決着しました。

 しかし、これに対し、今回の講師である弁護士は、非常に不満を感じているそうです。

それは、何故かと言うと、消費者訴訟の場合は、裁判官の壁があり、消費者側が勝つのは難しいからだそうです。

裁判官の壁というのは、簡単に言うと、「強気を助け弱きを挫く」という、強い者(大企業等)の味方をする裁判官がかなりいると言うことです。

 今回のケースで言えば、地裁の裁判長は、判決理由の中で「クレジット契約の仕組みを知らない消費者に落ち度があり、そのような赤ん坊のような者を裁判所が保護するわけにはいかない。」要するに、愚かな消費者は、保護するに値しない、と言う趣旨のことを言ったそうです。

 尚、被害者側の弁護方針としては、クレジット会社の加盟店管理責任の杜撰さを指摘して、闘ったそうですが、その点については認められなかったそうです。

この加盟店管理責任とは何かと言うと、クレジット会社は、このような名義貸による被害を防ぐ為に、加盟店(今回は布団販売会社)の経営状態をしっかり管理し、本当に売買契約が結ばれたかどうかが分るような質問方法(例:本当に売買契約をした人しか分らないような質問内容や、引渡し時期はいつか等)をしなければならないという、経済産業省通達のことです。

 因みに、クレジット会社の大部分は、あまりこの通達を守っていないそうです。

それは、加盟店管理責任がいい加減であっても、加盟店に支払ったお金は、被害者達から取り立てればいいので、クレジット会社としては、取りっぱぐれが無いからです。

それどころか逆に、この加盟店管理責任をしっかりしてしまうと、お金を支払う加盟店が少なくなってしまい、利息や手数料等が稼げなくなってしまいます。

だから、クレジット会社としては、この加盟店管理責任がいい加減な方が都合がいいことになります。

このような、背景があるので、クレジット名義貸詐欺事件は後を絶たないのだそうです。

 結局、最後に馬鹿を見るのは、私達一般消費者ということになります。

裁判所も当てにならない以上、自分の身を守るのは、自分しかありません。
                                        以上

http://www.blogmura.com/ ←ブログランキング にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、気が向いた時に、クリックしてください。

スポンサーサイト




 | ホーム |