FC2ブログ

カテゴリ


検索フォーム


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2007年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事


最新コメント


最新トラックバック


にほんブログ村


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
431位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
75位
アクセスランキングを見る>>

PR


民主党末松議員ブログで失言

『昨日、新潟に行きました。渡部恒三代議士を筆頭にして、古賀一成代議士、私で赴きました。新潟市で、地震被災者救援街頭募金活動にみんなで参加しました。地元から参加した西村ちなみ代議士は、ビシッと防災服に身を包んでいました。地震発生当日に、震災現場に行って、ひどい状況を視察してきた由。民主党で集めた募金は、1円残らず現場の救援ボランティア・グループに渡されます。

その募金活動中のことです。一人の中学生が、意を決した如く私の前に寄って来て、「使ってください!」と言って募金してくれました。その額、なんと1000円!降りしきる雨の中、正直言って一瞬涙が出ました。大人でも、100円玉を入れる人が多かったのに。頭が下がりました。新潟の少年よ、ありがとう!あなたは偉い!

※文中に不適当な表現がありましたことを反省し、削除させていただきます。


【お詫びと訂正 7月19日】

 昨日、私が書いたブログに不適切な表現があり、多くの御批判やアドバイスを頂きました。その御批判などを踏まえて、すぐに文章を訂正致しました。以下、その経緯を説明するとともに、不適切な表現につき心からお詫び申し上げます。

 原文は、「昨日、新潟に行きました。平成の黄門様の渡部恒三代議士を筆頭にして、スケさんの古賀一成代議士、カクさんの私という珍道中でした。
新潟市で、地震被災者救援街頭募金活動をやっている黒岩宇洋さん(民主党参議院新潟選挙区候補者)の募金活動にみんなで参加しました。黒岩さんや地元から参加した西村ちなみ代議士は、ビシッと防災服に身を包んでいました。二人とも、地震発生当日に、震災現場に行って、ひどい状況を視察してきた由。黒岩さんは、候補者のたすきをせずに、ひたすら救援募金を募っていました。」です。

 この文章の中で、私たち三人の議員について、「平成の黄門様、・・・スケさん、・・・、カクさんの私という珍道中でした。」という表現を使ってしまいましたが、この不用意に使った表現が、「お気楽な行動であった」との印象を与えかねない点、まずもって、慎んでお詫び申し上げます。深い反省を込めて、早速訂正致しました。

 私自身、これまで、「新潟県中越沖地震の被災者の皆様に対し、心からのお見舞いを申し上げ、被災地の皆様の一日も早い生活安定や復旧のために尽力していきたい」と繰り返し申し上げてきました。

 また、三人の議員の話し合いの中で、早急に激甚災害指定を行うべきだとの認識の下、政府への要請を含め民主党としてできる提案を最大限行うべきだと話しておりました。

 決して、被災地の皆様に対して、軽い気持ちで行動していたことは全くありません。

 また、黒岩さんの記述については、ありのままの描写とは言え、今の時期を考えて、これについても迅やかに削除致しました。
 
 なお、ブログの後半については、一人の少年の募金行為に感動した事を申し上げましたが、募金の多寡を評価したものでは決してない点御理解頂ければ幸いです。

 いずれにしましても、私の不用意な表現のために、不愉快なお気持ちをもたれた皆様並びに被災地の皆様に、改めて心からお詫び申し上げます。

末松 義規 』



上記文章は、民主党末松議員のブログ内「新潟での被災者救援募金活動」(http://suematu.blog39.fc2.com/blog-entry-103.html#comment)からの引用です。

 今更ながら、なんで政治家ってこんなに失言が多いのでしょうか?

産む機械発言、なんとか還元水発言、原爆はしょうがない発言、アルツハイマー発言、そして今回の珍道中発言、他にも例を挙げれば色々あり、一々書くのも馬鹿らしいのでこれ位にしておきますが、余りにも政治家のレベルが低いと言うか、国民を馬鹿にしていると言うか、あきれて何も言う気にはなれません。

よけいに、政治に対する失望感が増しました。

「上乱れれば下乱れる」という言葉がありますが、今の日本は、至る所その有様です。

何となく、かって三島由紀夫が自衛隊に決起を促し、クーデターを起こそうとした時の気持が分るような気がします。

因みに、一応私は、政治的には右でも左でもなく、自称リベラル派のつもりで~す。
                                        以上

http://www.blogmura.com/ ←ブログランキング にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、気が向いた時に、クリックしてください。

スポンサーサイト

選挙公報

 今朝の朝刊に参議院比例代表選挙広報が折込まれていました。

 私は、選挙公報や政見放送を見るのが好きなので、毎回選挙公報や政見放送を見るのを楽しみにしています。

それはなぜかというと、決して政治に興味があるわけではなくて、ただ単にどんな変わり者が選挙に出馬しているのかをみて楽しむ為です。

因みに、私は今回は○○に投票しようと思っています。

今回も色々と変わり者が出馬していますが、中には、こんな人を政治家にしたら単なる税金の無駄使いとしか言いようが無い候補者もいて、そんな候補者を見ていると、裸の王様みたいで思わず笑ってしまいます。

 日本は、官僚政治なので政治家が無能でも官僚が優秀(今は必ずしも優秀とは言えませんが、昔は優秀だったみたいです)なので、政治機構が見かけ上は上手く回転するような仕組みになっています。

その為、政治家は官僚に担がれた御神輿みたいなものです。

だから、極論すれば、政治家は裸の王様でも何でもいいことになります。

寧ろ、官僚側からしたら、なまじ政治のことが分る政治家よりは、ズブの素人の政治家の方が自分達にとって都合がいいようにコントロール出来るので都合がいいと言えます。

そして、そのツケが何処に来るかと言うと、結局国民の側に来ることになります。

 政治のワイドショー化ということが、時々、問題になりますが、私みたいに政治をワイドショーとしてしか見ない国民が増えると、どんどん政治家の質が下がることになります。

そして、政治のワイドショー化が進めば進む程得をするのが、権力者(政治家、官僚等)です。

権力者にとって、一番理想的な国民は、政治に関心を持たない国民です。

また、民主主義にとって最大の敵は何かというとファシズムではなく、国民の政治に対する無関心です。

政治のワイドショー化は、国民の政治に対する関心を政治の本質からそらす役割も担っています。

それに国民が踊らされ選択を誤ってしまうと、民主政治が衆愚政治になりやがては、独裁政治をもたらすことになります。

 どうも、最近の日本の政治を見ているとそんな気がしてしょうが有りません。

日本の未来は・・・。
                                        以上

http://www.blogmura.com/ ←ブログランキング にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、気が向いた時に、クリックしてください。

相変わらず卒論地獄にはまってます

 「はあ~」、出るのはため息ばかりで、相変わらず、卒論地獄にはまっています。

 予定では、今週末までに、50%は完成させたかったのですが、進捗状況としては、まだ40%位しか完成していません。

今現在の字数は、、本文のみが23,839字、注釈のみが9,657字で、合計、33,496字です。

卒論の字数の相場は、一般的には、本文のみで40,000字以上と言われているので、最終的に完成すれば、字数的には十分基準をクリアー出来ると思いますが、法律論文の場合、注釈が多いのが悩みの種で、注釈を書くだけでも一苦労です。

この注釈のせいで大幅にペースダウンを強いられています。

 その為、卒論に日に日に生気を吸い取られていくような気がし、卒論以外では文章を書く気力が失せてしまい、ブログ更新等には、とても手が回らない状態になりつつあります。

まさか、卒論がこんなにも過酷だったとは、執筆に取り掛かるまでは思いも寄りませんでした。

実は、私が行っている大学の場合、過去、何人か高齢の通教生が、卒論の完成と共に亡くなってしまったケースがあるんですが、多分、その人達は卒論執筆に全精力を使い果たしてしまったんでしょうね。

私もそうならないように気をつけなければ(苦笑)。

 正に、卒論恐るべしですね。

以上

http://university.blogmura.com/university_tsushin/ ←にほんブログ村 通信大学生

以上

自費出版詐欺?

 最近は、自費出版がブームになっていますが、それに伴い色々な問題が発生しているみたいですね。

こんな事件(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070704-00000414-yom-soci)がありました。

この事件の内容が真実だとしたら、本当に酷い話だと思います。

 私は、自費出版では有りませんが、実際に自分の本を出版社に出版して貰った経験から言えば、正直言って、本が売れる確率は、非常に低く、特に自費出版の場合はその傾向があるので、自費出版をする場合は、あくまでも自己満足の世界で留めておき、全国に流通させることを考えるよりも、自分の周囲の人等に無料で配布する程度にしておいた方がいいような気がします。

 勿論、宣伝目的や絶対的に自分の作品に自信がある場合等で、損をしてもいいから、何が何でも全国に流通させたいという強い思いがあるのであれば、自費出版に大金を投じるのも悪くはありませんが、そのような覚悟が無いのに、出版社の甘い口車に乗って安易に、大金を投じるのは止めた方がいいと思います。

 自費出版に限らず、発明品の商品化、芸能界へのデビュー等、人の夢を食い物にする詐欺商法は、世の中には、沢山あります。

そういう詐欺商法に引っ掛からない為には、どうしたらいいかと言うと、お金を出さないという事です。

本当にいい物やいい人材であれば、自分からお金を出さなくても相手の方からお金を出して来ます。

詐欺商法を行う業者は、被害者にお金を出させる為に、様々な甘言を弄して被害者の気分を好くしようとします。

うっかり、その甘言に乗ってしまうと大変なことになります。

従って、相手が、お金を払えば夢が叶うという類の話をして来た場合は、十中八九、詐欺商法の疑いがあると思った方が確かです。

世の中にそんなに美味しい話は転がっていません。

皆さんも、騙されないように気を付けてください。
                                        以上

http://www.blogmura.com/ ←ブログランキング にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、気が向いた時に、クリックしてください。 

レセプタクル



 ちょっと見難いかもしれませんが、上の写真のネジの大きさに注目してください。

レセプタクルのネジはメーカーによってサイズが違い、M3.5とM4の二種類があります。

実技の練習をする時は、どちらのサイズにも対応出来るように輪作りの練習をしておいてください。

以上

http://qualification.blogmura.com/ ←にほんブログ村 資格ブログ

以上


 | ホーム |