FC2ブログ

カテゴリ


検索フォーム


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2008年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事


最新コメント


最新トラックバック


にほんブログ村


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
431位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
75位
アクセスランキングを見る>>

PR


社会奉仕制度

 遂に、日本も、犯罪者を更生させる為の手段の一つとして、社会奉仕制度(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081230-00000043-jij-soci)を導入する運びになりました。

 ところが、この日本の社会奉仕制度が曲者で、諸外国の社会奉仕制度と今回導入予定の日本の社会奉仕制度には、大きな違いがあります。

それは、前者が刑罰の一種として運用されているのに対し、後者は刑罰ではないということです。

前者の場合は、刑罰の一種として運用されている為、社会奉仕制度が適用された場合は、刑や罰金の免除等がなされ、寛刑化(刑罰を軽くする方向)に繋がります。

しかし、後者の場合は違います。

後者の場合は、保護観察期間中に、従来は存在しなかった、社会奉仕活動をすることを新たな義務として追加することになる為、考え様によっては、厳罰化(刑罰を重くする方向)に繋がる可能性があるとも言えます。

 でも、この制度の一番の問題は、本当に犯罪者の更生に役立つかどうか?と言うことです。

このことについて、私は、かなり懐疑的です。

確かに、全く更生効果が期待出来ないというわけでは有りませんが、私は、基本的に、本人に、やる気がないのに、義務として社会奉仕活動をやらせても、何の意味も無いと思うからです。

それだけならまだしも、その様な、やる気のない人間を受入れると、受け入れ先の現場が混乱し迷惑することは、目に見えて明らかだからです。

現実に、数年前、入試時の内申点にボランティア活動の有無が盛り込まれた時、内申点アップ目的のやる気の無いボランティアが増加し、そのようなボランティア達を受入れた現場が、混乱し迷惑したことが多々ありました。

又、本気で更生したいと思っているのならば、何も義務化しなくても、社会奉仕活動の紹介等をするだけで、後は、本人が自発的に行動するはずです。

その為、自発的に行動出来ない人間が、本気で更生しようとしているとは、とても私には思えません。
 
更に、この制度のせいで、ボランティア活動をしている一般の人達が、犯罪者ではないか?という変な偏見を持たれる危惧もあります。

 因みに、最近は、色々と新しい法制度が、諸外国の法制度を元にして導入されていますが、制度名は同じでも、諸外国と日本とでは、内容が全く違うことがあるので要注意です。

例えば、損害賠償命令制度は、諸外国では刑事罰ですが、日本では刑事罰ではありません。

諸外国から新しい法制度を導入することは、決して悪いことでは有りませんが、内容が異なる場合は、紛らわしくて混乱する元なので、別の名前にして欲しいものです。

【参考文献】

・藤本哲也『刑事政策概論〔全訂版〕』(1996年、青林書院)

・加藤久雄『ボーダレス時代の刑事政策[改訂版]』(1999年、有斐閣)

以上

http://www.blogmura.com/ ←にほんブログ村

法律に関するブログ等、色々なブログを閲覧することが出来ます。

以上

スポンサーサイト

卒論関係2 『量刑判断の実際〔増補版〕』


 今回紹介するのは、原田國男『量刑判断の実際〔増補版〕』(平成18年、立花書房)です。

 この本は、卒論指導時に指導教授から紹介された参考文献ですが、裁判官でもある著者が、裁判実務の場において、裁判官がどのようにして量刑判断をするかという、プロセスについての説明が為されている本です。

内容的には、ちょっと難解な部分もありますが、この本を熟読し理解することが出来れば、裁判官の量刑判断をするプロセスが分るので、専門家でなくても、犯罪事実についてどれ位の量刑が妥当であるかと言う凡その目安が分ります。

 その為、この本は、量刑関係の卒論執筆をする人に、お勧めです。

以上

http://university.blogmura.com/university_tsushin/ ←にほんブログ村 通信大学生

色々な大学通信教育課程ブログを閲覧することが出来ます。

以上

出稼ぎ終了

 大変長らくお待たせしました。

やっと、出稼ぎが終了したので、再びブログに戻って来ることが出来ました。

それにしても、今回の出稼ぎは、予想以上に稼げたのでよかったです。

 今回の出稼ぎの仕事は、食品製造工場での、お歳暮やおせちのギフト用焼豚の包装や梱包です。

勤務時間は、8:00-17:00で、日、水休みの週休2日で、時給1,150円の派遣です。

 最近は、「派遣切り」が蔓延していますが、私が出稼ぎに行った工場は、非常に景気がいいらしくて、この不景気にもかかわらず、出稼ぎ期間中は、残業がかなりあり、しかも、「派遣切り」ならぬ、「派遣延長」ということで、当初の雇用期間が延長され、結局、20日までの出稼ぎの予定が25日(昨日)までになり、クリスマスもせっせと仕事をする羽目になってしまいました。

但し、そのおかげで、当初の予定よりも余分に稼ぐことが出来たので、「派遣延長」が、私にとっては、最高のクリスマスプレゼントになりました。

 その工場では、残業がある時は、終業時間間際に、社員が、一人一人に残業が出来るかどうかを確認しに来るのですが、私は、1円でも多く稼ぎたかったので、毎回、残業は喜んで参加していました。

ところが困ったことに、以前、テレビで、どこかの居酒屋では、注文を受けたら、「はい、喜んで」と受け答えするのが接客マニュアルにあるというのを観たことがあったせいか、社員から残業が出来るかどうか確認を受ける度に、そのことが頭の中をよぎってしまい、思わず何度も、「はい、喜んで」と言いそうになってしまったのには、本当に参りました(笑)。

でも、それ位、私にとっては、残業があるのが、ありがたかったです。

 また、その工場は、お中元とお歳暮の繁忙期のみ出稼ぎに来る、その工場直属のアルバイトがおり、その大部分は年寄りなので、工場の駐車場では、紅葉マークの車をよく見かけました。

私の仕事は、ベルトコンベアーに乗って流れて来た製品を、規定数づつ数えて箱詰めすることでしたが、この仕事は2人で交互にやる為、私の相棒は、75歳の婆さんでした。

因みに、その婆さんに、時給は幾らか聞いたら800円だそうで、同じ仕事をしているのに、直属のアルバイトよりも派遣の方が時給が高い点に関しては、ちょっとした違和感を覚えました。

その婆さんは、普段は農家らしいのですが、さすが農家で、日頃から体を動かしているせいか、年の割には、結構、いい動きをしていました。

そんな年寄りでも出来る仕事なので、仕事自体は余り大変ではないのですが、寒い上に、手が冷たくて、ひびが切れたりしたことだけは、苦痛でした。

食品を扱う仕事の為、これは止むを得ないことですが、暖房が一切無い部屋のコンクリート製の床の上で一日中立ち放しで、冷蔵庫から出して来たばかりの真空包装された製品を素手で扱っていると、手先だけではなく、足元からも冷気が這い上がって来ます。

そこで、爺臭いですが、靴下とズボンを二枚重ねて履いて何とか寒さをしのぎました。

 でも、その工場は、従業員教育が行き届いており、職場の雰囲気事態はいい職場なので、非常に働き易い職場でした。

出稼ぎに行くには、最適な職場だと思います。

以上

http://www.blogmura.com/ ←ブログランキング にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、気が向いた時に、クリックしてください。


 | ホーム |