FC2ブログ

カテゴリ


検索フォーム


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2011年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新記事


最新コメント


最新トラックバック


にほんブログ村


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
431位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
75位
アクセスランキングを見る>>

PR


読書の秋




 読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、色々な秋があります。

しかし、私は、基本的に体を動かすことが嫌いなので、私にとっての秋と言えば、専ら、読書と食欲の2種類に限定されます(苦笑)。

と言う訳で、今日は、地元の図書館で住民を対象にした不要図書の無料配布があったので、読書の秋に役立ちそうな本を物色しに行ってきました。

 今回、私が貰って来た本は、次の5冊です。

①戸部新十郎『松永弾正 上』読売新聞社、1998年

②戸部新十郎『松永弾正 下』読売新聞社、1998年

③河路由佳『間近にみた中国 一人っ子帝国の朝焼け』日本貿易振興会(ジェトロ)、平成7年

④渡邊昌美『異端審問』講談社、1996年

⑤荒俣宏『奇っ怪紳士録』平凡社、1997年

 ①と②については、歴史小説が好きだからです。

 ③については、中国と言う国は、日本人の感覚からしたら、結構、奇妙奇天烈に感じることが多い国です。

その為、そのような国の実態について、非常に好奇心をそそられたからです。

 ④については、これは中世ヨーロッパのキリスト教社会の闇について書かれた内容の本ですが、中世ヨーロッパと言う言葉には、何となく、ロマンを感じると言うか、文化的な雰囲気があり、心惹かれるものがあったからです。

 ⑤については、古今東西、世界中の奇人変人を紹介している、この本の内容に、怖いもの見たさ的な興味を覚えたからです。

 難解な本ばかりではなく、偶には、このような娯楽感覚で読める本を読むのもいいものです。

 日頃、読書とは縁のない人は、読書の秋という機会を利用して、読書に親しんでみるのもいいかもしれませんよ。

 それに、図書館を利用すれば、お金は一切かからないので、読書は、娯楽費の節約には、最適な趣味だと思います。

以上

http://www.blogmura.com/ ←にほんブログ村

スポンサーサイト

国家公務員Ⅰ種相当職体験記

 最近は、100年に一度の大不況とも言われる超就職難の影響で、公務員人気が非常に高くなっており、国家公務員になりたい人が沢山居ると思います。

そこで、今回は、私が体験した、国家公務員Ⅰ種相当職について紹介したいと思います。

但し、私が従事していた仕事は機密事項が多い仕事だった為、守秘義務が有り、それに抵触しない範囲で紹介することにします。

 私は、40代で某省に国家公務員Ⅰ種相当職として採用されました。

しかし、生来の怠け者で働くことが大嫌い、自由気儘に生きることが身上である、私にとって、国家公務員Ⅰ種相当職の職務は予想以上に激務で、公務員独特の自由が無い堅苦しい日々が、窮屈でとても我慢出来なかった為、採用から1ヶ月で官職を辞しました(苦笑)。

その為、又、民間人に戻りました。

 国家公務員Ⅰ種相当職というのは、あまり聞き慣れない名称かもしれませんが、これは、どんな官職かというと、国家公務員Ⅰ種合格者に相当する官職のことで、採用と同時に係長相当職に任官する官職のことです。

因みに、国家公務員Ⅲ種合格者が、係長相当職になるには、通常、20年位かかるのだそうです。

 では、このⅠ種相当職として採用される為には、どうしたらいいかというと、私が従事していた官職に採用される為には「選考」と言う試験を受け、この試験に合格すれば、採用となります。

この「選考」という試験制度は、通常の国家公務員採用試験とは異なり、学力重視の試験ではなく、一定以上の学歴、資格、実務経験者を対象にした試験制度で、簡単に言うと、社会人経験者向けの国家公務員採用試験の事です。

 私が受験した官職の「選考」試験内容は、書類審査(職務経歴書、履歴書、各種提出書類)、面接(小論文含む)でした。

面接では、学生時代や日常生活等の役職経験(例:部活動の部長、生徒会役員、自治会役員等)、体育会系部活動の経験の有無、過去の職歴、資格、健康状態等について、主として質問されました。

 尚、採用後に聞いた話では、私を採用した理由は、中学校時代に柔道部部長、高校時代に弓道部マネージャー等の武道系部活動の役職経験や武道経験者であったことと、他の受験者が持っていない某資格を持っていたからとのことでした。

これらの事から考えると、「選考」の場合は、受験資格の段階で、或る程度、学力、資格、実務経験等に関してはふるいにかけられる為、書類審査通過者は、それら以外の要素が、採用の大きな決め手になるのかもしれません。

その為、体育会系、各種役職経験者、他人が持っていない資格を持っている人等が有利になると言えます。

 それから、私が受験した「選考」の受験資格の年齢制限は定年に達していないことなので、書類審査通過者は中高年が多くて、見るからに50代と思しき人も何人かいました。

 最後に、「選考」だったら、中高年でも国家公務員になれる可能性が高いので、非常に魅力的な制度だと思います。

国家公務員Ⅰ種相当職に興味が有る人は、各省庁HPの採用情報を詳細に閲覧すれば、意中の職種が見つかるかもしれませんよ。

以上

http://www.blogmura.com/ ←にほんブログ村

公務員採用試験や就転職活動に関するブログ等、色々なブログを閲覧することが出来ます。

以上


 | ホーム |