FC2ブログ

カテゴリ


検索フォーム


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2012年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



最新記事


最新コメント


最新トラックバック


にほんブログ村


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
582位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
96位
アクセスランキングを見る>>

PR


予防技術検定(防火査察)受験体験記

 先日、2月に受験した予防技術検定(防火査察)の試験結果が届きました。

結果は、合格でした。

尚、私の正答率は、全体80%、共通科目70%、専攻科目85%でした。

 実は、私が、この試験を受験するのは、今回で2回目です。

というのも、昨年、受験申込をしたのですが、受験日の前々日に、東北地方太平洋沖地震が起き、試験が無期限延期となり、7月に再試験が行われたのですが、日程的に再試験の受験が出来なかったからです。

 その為、今回の合格通知を貰う迄、悶々とした不完全燃焼感を抱いた日々を過ごしていました。

しかし、これでやっと、この不完全燃焼感から解放されます。

 予防技術検定(http://www.fdma.go.jp/concern/law/kokuji/hen51/51010000065.htm)とは、消防力の整備指針(平成十二年消防庁告示第一号)第三十四条第三項、予防技術資格者の資格を定める件(平成十七年十月十八日消防庁告示第十三号)に基づき実施される検定です。

※予防技術資格者とは、火災の予防に関する高度な知識及び技術を有するもののことです。

 この検定は、基本的には消防職員対象の検定ですが、受験資格を満たせば、民間人も受験することが出来ます。

この検定には、防火査察、消防用設備等、危険物の三分野があり、一定の実務経験がある消防職員は、合格した分野の予防技術資格者になることが出来ます。

そして、消防職員が、この検定に合格し、予防技術資格者として消防長に認定された場合は、合格した分野に応じて、防火査察専門員(立入検査、防火管理又は違反処理等に関する業務担当)、消防用設備等専門員(消防同意、消防用設備等に関する業務を担当)、危険物専門員(危険物に関する業務を担当)をすることになります(http://www.fdma.go.jp/html/singi/171124_pdf/5.pdf#search=';予防技術検定 消防庁')。

 因みに、私は、消防職員ではないので、この検定に合格しても予防技術資格者になることは出来ません(苦笑)。

それにもかかわらず、私が、この検定を受験したのは、この検定がマイナーな検定であり、資格マニア心を大いに揺さぶられたこと、防火査察という言葉の響きが何となく格好良く思えたという非常にミーハーな動機からです(笑)。

 この検定の試験対策に関しては、非常に苦労しました。

それは、この検定がマイナー過ぎて、試験対策情報が少なかったからです。

ネット検索で、この検定に関する掲示板も見付けたのですが、ちょっと内容が古くて、更新もされていない為、この掲示板は使えませんでした。

問題集を購入しようと思って、色々と検索もしたのですが、この検定に関する問題集としては、某社の問題集が一冊ヒットしただけでした。

しかも、その問題集を購入しようと思って、色々なネットショップを検索したのですが、どこも品切れ状態で在庫が無く、某社に問い合わせても、増刷予定が未定と言うことで八方塞がりの状態になってしまいました。

 しかし、どうしても諦め切れなくて、色々と模索をしているうちに辿り着いたのが、『近代消防』という月刊誌に掲載されている予防技術検定模擬テストの存在です。

そこで、藁にもすがる思いで、一か八か、この模擬テストに賭けてみることにし、通勤時のバスの中で、この模擬テストを繰り返し読んで、中身を丸暗記して、試験に臨みました。

 試験当日の様子ですが、私の受験会場は、もくせい会館(静岡市)で、受験者数は三分野合計で約100人弱、その内、科目免除者は10数人でした。

 受験者層は、如何にも消防職員と言った感じの20代~30代のグループ受験者が大部分で、20代の女性が数人、40代以上は、私を含めて数人と言った感じだったので、若しかしたら、民間人の受験者は極少数かもしれません。

 試験問題の難易度に関しては、共通科目は、防火管理者、防災管理者、危険物取扱者、消防設備士等に関する知識が問われる為、出題範囲が非常に広くて、試験対策が難しく感じました。

その為、模擬テストでは見たことも無い問題が多数出題され、3割程度しか、確答出来ず、残りの7割については、資格マニアとしての経験と勘に頼って解答しました。

専攻科目に関しては、出題範囲が狭く、模擬テストの内容と同じ問題や類題が多数出題されたので、試験対策が立て易く、非常に簡単に感じました。

 私は、3回位見直しをして、試験開始から約50分程度で退出したのですが、その時点では、退出せずに問題に取り組んでいる人達が結構いました。

 それから、試験問題は、解答と一緒に提出しないといけない為、持ち帰ることは出来ません。

 最後に、この検定は、民間人にとっては、合格したからと言って、直接的なメリットは得られません。

しかし、民間企業でも、時々、消防の立入検査等を受けることが有ります。

その様な時、適切な対応をする為等に、消防の手の内を知っておくと言う点に関しては、この検定で身に付けた知識が役立つ可能性が有ります。

以上

http://qualification.blogmura.com/ ←にほんブログ村 資格ブログ

以上

スポンサーサイト



旅&Po(旅とポッキー)



 過日、仕事で現場立会に行った帰り、静岡駅の地下通路で、旅行のパンフレットと一緒にポッキーを貰いました。

 そこで貰ったパンフレットによると、4月10日~5月7日迄、JTBとグリコがコラボして、旅行に行く時、ポッキーを持って行くと、全国各地の旅行先で、色々なサービスを受けられるキャンペーンをやっているみたいです。

キャンペーン内容は、無料バスの利用、人力車の体験乗車や記念写真、旅&Poオリジナル3D絵はがきプレゼント等です。

 その為、GWに旅行をする人は、ポッキーを持って行ったら、何か得することが有るかもしれませんよ。

 又、同キャンペーンの一環として、ポッキーを買って応募すると、抽選で、Pockyオリジナルキャリーバッグが貰える{5月31日(第1回締切)、8月31日(第2回締切)}という懸賞もやっています。

 因みに、Pockyオリジナルキャリーバッグは、これだけ派手だと、ちょっと持ち歩くのが恥ずかしいので、私は、懸賞に応募するのは遠慮しておきます。

しかし、目立ちたい人にとっては、お勧めのキャリーバッグかもしれませんね(笑)。

 と言う訳で、今日のおやつは、この貰ったポッキーです。

私の場合は、旅よりポッキーで~す(爆)。

以上

http://www.blogmura.com/ ←にほんブログ村

以上





子供には教えられないエジソンの裏話

 エジソンと言えば、偉大な発明家としての名声が有名です。

その為、多くの小学校の図書館等には、エジソンの伝記が置いてあると思います。

 ところが、実は、エジソンは、その様な名声とは裏腹に、人間性に関しては非常に醜い人間だったようです。

 その一例が、1880年代後半に米国で勃発した電流戦争(直流送電VS交流送電)で、これは、電気の送電方式として直流送電と交流送電のどちらが優れているかという争いです。

 この時、エジソンは直流送電会社、ウェスティングハウスは交流送電会社を経営していましたが、戦況は、エジソン陣営にとっては非常に悪く、直流送電の敗北は、濃厚でした。

そこで、エジソンが採用した戦略は、交流送電の危険性を強調することでした。

その為、当初、エジソンがしたことは何かと言うと、交流を使って色々な動物を感電死させる公開実験でした。

しかし、それだけでは、飽き足らず、交流を使って人間を感電死させる電気椅子の開発に尽力し、最終的には、まんまと電気椅子による死刑制度の導入に成功したというわけです。

この様に、エジソンは、卓越した発明力という能力を、自分自身の欲望を満たし、他人を陥れる為の道具として利用しました。

 因みに、この戦争の結末は、交流送電の勝利で終わりました。

 私は、この事実を大人になって初めて知ったのですが、この事実を知って、180度、エジソンに対する評価が変わりました。

この事実を知る迄、私は、エジソン=偉大な発明家というイメージが有り、エジソンの事を尊敬していたのですが、この事実を知ってからは、エジソンの事が全く尊敬出来なくなりました。

 「精力善用」、「自他共栄」、これは、講道館柔道創始者である嘉納治五郎が提唱した原理(http://www.kodokan.org/j_basic/history_j.html)ですが、残念ながらエジソンの頭の中には、この様な原理は毛頭無かったようです。

何時の世にも、これらの原理が欠けている人はいますが、私自身、常に、この原理を念頭において行動するように自戒したいと思います。
 
以上

http://www.blogmura.com/ ←にほんブログ村

以上

ユニークな就活サイト発見!!

 何時もの様に、ネットサーフィンを楽しんでいたところ、ユニークな就活サイトを発見しました。

それは、ミートボール(http://www.meet-bowl.com/index.html)というサイトです。

 同サイトのユニークな点は、自分が得意なことを生かした就職活動が出来ることです。

例えば、同サイトにアクセスすると、「資格マニア採用」、「鉄っちゃん・鉄子採用」、「山男・山女採用」、「カーマニア採用」、「バイクマニア採用」、「懸賞マニア採用」等、通常の就職活動とは異なる切り口での就職活動をすることが出来ます。

差し詰め、同サイトを利用した就職活動は、一芸入試ならぬ一芸就活と言った感じです。

 他人とは異なる(経験や特技、或いは趣味等)が有る人は、このサイトを利用してみたら、いいかもしれませんよ。

 但し、同サイトに掲載されている求人の応募条件を全て見た訳ではないので断定は出来ませんが、私が見た限り、同サイトに掲載されている求人の応募条件は、大学・短大・大学院の新卒若しくは卒業後3年以内の既卒限定の可能性が高いです。

その為、残念ながら、これらの条件に該当しない人は応募出来ない可能性があります。

以上

http://www.blogmura.com/ ←にほんブログ村

就職に関するブログ等、色々なブログを閲覧することが出来ます。

以上


 | ホーム |