FC2ブログ

カテゴリ


検索フォーム


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2014年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事


最新コメント


最新トラックバック


にほんブログ村


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
439位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
73位
アクセスランキングを見る>>

PR


無料で学べる大学講座(gacco)

 過日、面白そうなサイトを発見したので、早速会員登録をしました。

今回、登録したのは、無料で学べる大学講座(gacco)(http://gacco.org/

)という、(株)NTTドコモとNTTナレッジ・スクウェア(株)が運営しているサイトです。

このサイトに登録すれば、大学教授による本格的な講義を無料で受講する事が出来ます。

また、講義によっては、希望者限定で対面授業(一部有料)を受けることが出来ます。

その為、単に知識を得るだけではなく、学問することの醍醐味というか、教員や他会員との議論等を通じ知的興奮を味わうことも出来ると思います。

 知的好奇心が高く、ありきたりの趣味では満足出来ない人が暇潰しをするには、最適なサイトです。

 因みに、このサイトには、『gacco(ガッコ)』放送部(仮)(http://blog.goo.ne.jp/gacco2014

)というブログもあります。

その為、サイトを見ても内容が把握出来なかった場合は、ブログを見た方が分かり易いかもしれません。

以上

スポンサーサイト

架空請求メール

 過日、架空請求メールが私の携帯電話に送られて来ました。

当初は、即削除しようと思ったのですが、初めての架空請求メールだったので、記念に保存しておくことにしました。

保存ついでに、会社の人等にも見せて回りましたが、中には、架空請求メールを初めて見たと言う人が結構居ました。

 その為、若しかしたら、被害に遭う人が居るかもしれないと思い、一応、最寄りの警察署に架空請求メールが着信した携帯電話を持って、情報提供して来ました。

警察の話では、「典型的な架空請求メールですね。今時、こんなのに騙される人は少ないと思いますが、年寄りやインターネットを使い慣れていない人等は、気を付けた方が良いかもしれないですね」とのことでした。

尚、架空請求メールが来た時は、無視するか削除すればOKです。

 但し、私は、これだけでは、架空請求メールの被害を防ぐ根本的解決にはならないと思います。

それは、架空請求メールの被害に遭う人は、架空請求メールの存在を知らない人や、或いは、存在を知っていても実物を見たことが無い為、内容が理解出来なくて被害に遭う可能性があるからです。

 そこで、考えたのですが、折角、インターネットという便利なツールがあるのですから、これを活用しない手はありません。

架空請求メールが来たら、その内容をインターネットを活用して、広く世間に周知したらどうでしょうか?

そうすれば、自分だけでなく、他の誰かが、架空請求メールの被害に遭うのを防げるかもしれません。

 因みに、今回来た架空請求メールは下記の通りです。
 
  ↓ 

『㈱SKリサーチ
03-4570-1347
顧客担当:高杉 智哉
管理番号【10Xd04】

先日弊社の社用PCから通達をお送りさせて頂いたところ、ご連絡がなかったので、ドメイン指定を考慮した上で担当者の社用の携帯電話から再送信させて頂いておりますので御了承お願い申し上げます。

【調査予告通知】
弊社はインターネット運営会社、総合コミュニティサイト(以下通知会社という)の代理として、貴殿に対し次の通り通知致します。
さて、依頼会社は貴殿に対しインターネットサイト利用料金の債権を有しておりますが、貴殿におかれましては本債権の弁済がなされてない状態になっております。
また本件、インターネットサイト登録の解約手続きもなされておりません。
よって、インターネットサイト利用料金が常時発生している状態です。

上記の理由により弊社は運営会社の依頼により、貴殿の個人情報調査等の依頼を受け【翌営業日】までにご連絡頂けない場合には調査事務代行等を開始致します。
しかしながら、弊社と致しましては、個人情報調査等をすることなく、お話合いによる解決が望ましいと考えておりますので、上記連絡期日までに必ずご連絡下さい。

期日までにご連絡も本債権の弁済もなされない場合には、やむを得ず個人情報調査等を開始し、その後、法的措置及び信用情報機関への照会・登録等しかるべき対応をさせて頂きますのでご承知おきください。

㈱SKリサーチ受付窓口
03-4570-1347
顧客担当:高杉 智哉
代表取締役:伊藤 正樹

受付時間
平日・10:00~20:00
定休日
土・日

東京都調査業協会認定会社
関連団体:社会法人
日本調査業協会・東京都調査業協会
東京都公安委員調査業届出番号
第36409720号』

  ↑

この文面を見て素朴な疑問が浮かんで来ました。

社会法人って何でしょう?

初めて聞きました。

若しかして、社団法人を打ち間違えたかな?

でも、この場合、今は、正確には、社団法人ではなく、一社(一般社団法人)が正解です。

極め付けとして、この業者は、(一社)日本調査業協会や(一社)東京都調査業協会とは一切無関係です(http://www.tochoukyou.jp/news/news65.html)。

以上

暮らしてわかった!年収100万円生活術


 過日、ブックオフに行った時、108(税込)円だったので、思わず、横田濱夫『暮らしてわかった!年収100万円生活術』2006年、講談社、という本を購入してしまいました。

内容は、基本的に私が日常生活で実践していることと大差無い為、特に目新しさは感じませんでした。

しかし、それだけに、共感出来る部分が多く、貧乏人が考えることは、皆、同じなんだなあと、変な親近感を感じてしまいました。

 その為、この本は、私みたいな筋金入りの貧乏人にとっては、至極、当然の内容で有る為、購入するメリットは余り有りません。

しかし、これから、節約生活をしようと考えている人や、何らかの理由で年収が激減してしまい途方に暮れている人等にとっては、結構、役立つ内容が記載されているので、一読の価値は有ります。

この本は、節約生活の初心者にとっては最適な本です。

以上


 | ホーム |