FC2ブログ

カテゴリ


検索フォーム


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2019年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事


最新コメント


最新トラックバック


にほんブログ村


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
431位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
75位
アクセスランキングを見る>>

PR


3泊4日東京の旅(2019年新春)1

 今年は、新年早々、3泊4日東京の旅{1/16(水)~19(土)}に行って来ました。

前回、初めて神田神保町で古本屋巡りをしました。

それ以来、すっかりはまってしまい、今回も神田神保町で古本屋巡りをして来ました。

 当初、昼食は、神保町駅近くの日高屋に行く予定で、目的地迄の地図も事前にしっかりとプリントアウトして持参しました。

ところが、中々、日高屋が見付らなくて、最終的には日高屋を断念して別の店に行くことにしました。

 こんな時、スマホが有ると便利なんですよね。

ネット検索すれば、あっという間に色々な店が見付ると思います。

 しかし、残念ながら、私はガラケー派で携帯電話では絶対ネットに接続しない主義です。

その為、頼れるのは自分の勘だけです。

そこで、周囲を色々と歩き回り、やっと1件の店に辿り着きました。

 それが、岩波神保町ビルB1Fにある虎連坊です。

DSCF1596.jpg

この店に決めて理由は、私の経験上、居酒屋のランチは美味しい処が多いからです。

 今回注文したのは、ステーキ膳(税込1,000円)です。

しかも、御飯と味噌汁はお替り自由です。

DSCF1594.jpg

唯一の欠点は、茶碗が小さくて御飯の量がちょっと少ない気がしたことです。

 勿論、お替り自由なので、少なければお替りをすれば良いのですが、何度も店員さんにお替りを頼むのは、ちょっと恥ずかしい上に、何か申し訳無い気もして、結局、御飯一杯だけしかお替り出来ませんでした。

でも、一応、満腹感が味わえたので満足です。

味は、絶品でした。

以上

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

道の駅掛川うまい処

 正月、父と袋井の法多山へ初詣に行って来ました。

法多山へ初詣に行く時は、必ず父と2人で行きます。

それは、1人より、2人で行った方が効率が良いからです。

 正月三が日、法多山へ初詣に行くと、法多山近辺で必ず渋滞に巻き込まれます。

その為、駐車場に辿り着くのに非常に時間がかかる上に、御札祈祷の待ち時間を考慮すると、只漠然と渋滞に巻き込まれているのは、時間の無駄で愚の骨頂です。

そこで考えたのが、2人で行って、渋滞に巻き込まれたら、1人が運転手、もう1人が徒歩で先発して祈祷予約と御札購入をする分業制です。

こうすることで、運転手が駐車場に辿り着く頃には、短い待ち時間で祈祷が終了する為、効率良く御札を購入出来ます。

 因みに、父は高齢の為、専ら運転手で、何時も私が、エッチラオッチラ、徒歩で法多山を登り祈祷予約と御札購入をしています。

 今年も効率良く御札購入が出来たので、帰路、何時もの如く道の駅掛川に寄り、うまい処(カフェテリア)で昼食を食べました。

ここは、安い、美味い、好きな物が食べられると三拍子揃っています。

うまい処という看板に偽り無しです。

 今回は、正月をテーマに料理を選んでみました。

DSCF1585.jpg

正月=イクラでタコの酢の物。

手鞠みたいな麩が華やかで正月にぴったりな味噌汁。

後は、私の好物である、豚生姜焼き、イカの塩辛、揚げ茄子の煮浸しです。

新年早々、大満足です。

以上

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

謹賀新年

 本年も宜しく御願い致します。

DSCF1581.jpg

 私は、今年50歳になります。

又、平成も今年が最後です。

そこで、丁度区切りが良いので、年賀状を書くのは今年で最後にしました。

もう来年からは書きません。

 昔だったら、「人間五十年」(敦盛)でしたが、幸か不幸か科学の進歩で、今は「人間百年」になりつつあります。

いよいよ私の人生も後半に差し掛かって来ました。

孤独死予備軍の私としては、何時ポックリ逝っても良いように、ちょっと早いですが、来たるべきXデーに備えて、ボチボチ、終活に取りかかることにします。

 その様な次第で、今後は、今迄以上に怠け者ライフを満喫し、自堕落かつ自由気儘な余生を送りたいと思います。

以上

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 | ホーム |