fc2ブログ

カテゴリ


検索フォーム


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



最新記事


最新コメント


最新トラックバック


にほんブログ村


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
27位
アクセスランキングを見る>>

高岡式安全器(カットアウトスイッチ)

 実家納屋の取壊しに伴い、事前に天井裏配線を撤去する為、天井裏に登った時、安全器(カットアウトスイッチ)が転がっているのを発見しました。

DSCF1841.jpg

 昔、実家で使用していた安全器とは、色や形は異なりますが、安全器で有ることは一目で分かった為、何となくノスタルジーを感じ、捨てるのが忍びなくて、持ち帰リ保管することにしました。

尚、安全器というのは、昔、ブレーカーの代わりに使用されていた配線器具で、過電流が流れると、蓋の裏に付いているヒューズが切れて、電流を遮断する物です。

因みに、昔、実家で使用していた安全器は、白くて四角い磁器製タイプの物です。

※安全器の色分けが碍子と同じかどうかは知りませんが、碍子と同じだったら、白が電灯、茶色が動力の為、今回発見した物は動力用かもしれません。

又、「250V10AMP」という容量から推測しても、動力用の可能性が高い気がします。
 
DSCF1847.jpg

 この安全器は、右側のヒューズが切れていて、左側のヒューズは切れていません。

 最近はブレーカーが普及している為、安全器を目にすることは滅多に有りません。

その為、最近の若い電気工事士の中には、安全器の存在すら知らない人も居るかもしれません。

  今回、発見した安全器の蓋を見ると、「高岡式」という漢字の表記方法が、現代とは異なり、右から左に読む形になっています。

こんな所にも、時代を感じます。

以上

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




 | ホーム |