fc2ブログ

カテゴリ


検索フォーム


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最新記事


最新コメント


最新トラックバック


にほんブログ村


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
22位
アクセスランキングを見る>>

自宅LED化工事1

 電気業界では、数年前から話題になっていたことの為、今更感も有りますが、2020年を目処に国内全メーカーで蛍光灯の製造が中止になります。

其れを踏まえ、昨年頃から、各メーカーの蛍光灯市場からの撤退が大幅に加速しています。

製造中止になっても、当面の間は在庫が有る為、即、市場から蛍光灯が無くなる訳ではありませんが、近い将来、無くなることは確実です。

 若ければ、別に、今の内からLED化をする必要はありませんが、さすがに50歳という年齢を考えた場合、年を取ってから自宅のLED化をするのは、何かと大変な為、今の内から、少しづつ自分で、ぼちぼちと、自宅LED化工事をしていくことにしました。

 私の自宅LED化工事の基本コンセプトは下記5点です。

①簡単に操作出来ること。

年を取ると、複雑な機能は理解出来ない上に、リモコンを紛失する可能性も有る為、照明は全て壁や柱のスイッチ操作で行うようにする。

②出来るだけ故障しないようにシンプルな構造にすること。

リモコンが故障する可能性やスイッチ紐が切れる可能性も有る為、照明は全て壁や柱のスイッチ操作で行うようにする。

③万が一、故障しても、代替品が簡単に入手出来ること。

原則として、最寄りの家電量販店で入手出来る物(一部例外有り)を使用する。

④代替品の交換が簡単に出来ること。

原則として、引掛シーリングOR電球タイプ(一部例外有り)を使用する。

⑤ほぼ同時期に多数故障しないようにすること。

ほぼ同時期に多数故障すると、出費が嵩み経済的にきつい為、そうならないように、少しづつ時期をずらしてLED化する。

 ●屋根裏部屋

①工事前
DSCF1874.jpg

②反射板取外し後
DSCF1875.jpg

③器具本体取外し後
DSCF1877.jpg

④角型引掛シーリング取付け後
DSCF1880.jpg

⑤工事完了
DSCF1886.jpg

 ●屋根裏階段

①工事前
DSCF1881.jpg

②器具本体取外し後
DSCF1882.jpg

③工事完了
DSCF1887.jpg

以上

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




 | ホーム |