検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
175位
アクセスランキングを見る>>
PR
PR

就転職に役立つ長所や短所の表現方法

2013/12/23 09:47:07 | 就転職に役立つ話 | コメント:0件

 就転職活動時には、履歴書作成や面接等、長所や短所を文書や口頭で表現しなければいけないことがよくあります。

そこで、今回は、その様な時に役立つ長所や短所の表現方法を幾つか紹介します。

 長所や短所の表現をする時、重要なことは、就転職希望先に如何にして自分を売り込むかということです。

長所と短所は、表裏一体の関係にあるので、見方を変えれば、長所は短所、短所は長所であるとも言えます。

要するに、「ものは言いよう」ということです。

その為、語彙力が不足していると、表現方法を誤り、自分を売り込むどころか、マイナス印象を与えてしまう危険性すらあります。

それを、防止する為には、日頃から語彙力を高めるように努力することが大切です。

因みに、語彙力を高める方法としては、読書や新聞を読む等が最適です。

 尚、参考迄に、就転職に役立つ長所や短所の具体的な表現方法例を挙げておきます。

読者の皆さんも、自分なりに短所を長所に、長所を短所として表現する場合の言葉を考えてみて下さい。

但し、長所と短所が、必ずしも正確な対義語関係である必要はありません。

大事なことは、採用担当者に自分自身の魅力を売り込むことであり、多少ニュアンスが違ったとしても何ら問題ありません。

例えば、飽きっぽい性格の人が居たとします。

そこで、飽きっぽい性格であることを履歴書に書いたり、面接時に言ったりすると、採用担当者の印象が悪くなると思い、好奇心旺盛な性格であると表現したとしてもOKです。

大事の前の小事です。

些細なことを気にする必要はありません。

【表現方法例】 

例1:神経質、細かい性格⇔几帳面な性格。

例2:思慮が足りない、思い付きで行動する⇔行動力がある。

例3:行動が遅い⇔慎重な性格、思慮深い。

例4:応用が利かない、マニュアル人間⇔基本に忠実。

例5:頑固⇔信念が有る、意志が強い。

例6:字が汚い⇔個性的な字を書くことが出来る。

例7:こだわりが強い、粘着質、執念深い⇔一度決めたことは最後までやり抜く。

例8:気が弱い⇔優しい、他人のことを第一に考える、他人への配慮が出来る。

例9:行動が雑、不器用⇔鷹揚、細かいことは気にしない。

例10:病弱⇔繊細。

以上

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する