検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
1161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
186位
アクセスランキングを見る>>
PR
PR

大阪出張2

2013/06/21 22:06:04 | 旅行等 | コメント:0件

 昼食後、研修会場である某高級ホテルに行く為、大阪駅構内にある某高級ホテル行きの無料送迎バス乗場(以下、単に「バス乗場」とのみ表記)に向かいました。

バス乗場の時刻表を調べたら、バスは、30分間隔で出発している事が分かりました。

私が、バス乗場に到着したのは、出発時刻の約10分位前でしたが、その時はもう、研修に参加する同じ会社の人達で長蛇の列でした。

その為、一度に全員は、バスに乗り切れなくて、結局、もう30分待って、次のバスで行く羽目になってしまいました。

 研修は、2時間程度で終了し、夜の宴会が始まる迄は、自由時間でした。

 ホテルのチェックインは、会社の方で、宿泊者分を全員まとめて済ましておいてくれた為、研修終了後、研修会場である会議室前で、各自、部屋のカードキ―を受け取る事が出来ました。

 ところが、部屋に入る時、ちょっとしたトラブルがありました。

宿泊予定の部屋のドアを、何度も、カードキーで開けようとしたのですが、開きませんでした。

彼是、5、6回は、チェレンジしたと思いますが、どうしても開きませんでした。

そこで、一度は、ホテルのフロントに連絡をしようかと思いました。

 しかし、その時、ふと気になって、もう一度、部屋の番号とカードキーの番号を確認してみました。

そしたら、ドアが開かなかった原因が分かりました。

私の勘違いでした。

実は、私のカードキーの番号は「1817」だったのですが、何故、勘違いしたのかは分かりませんが、私は、カードキーの番号を「1818」だと思い込んでしまい、一生懸命、隣の部屋である「1818」号室を開けようとしていたんですよ(笑)。

 こんなことって、あるんですね。

慌てて、ホテルのフロントに連絡しなくて良かったです。

連絡していたら、危うく恥をかくところでした。

 それにしても、ごく自然に、こんなギャグみたいな行動をしてしまう私って、一体、何なのかな~、天然なのか、年のせいなのか、困ったもんです(笑)。

続く

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する