検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
175位
アクセスランキングを見る>>
PR
PR

教員免許が無い高卒でも高校の先生になれる方法(地域限定)

2011/03/06 11:54:48 | 就転職に役立つ話 | コメント:0件

 通常、高校の先生になる為には、教員免許の取得が必要不可欠です。

その為、世間一般的には、高校の先生=教員免許取得者(教諭)と思っている人が大部分だと思います。

しかし、実は、高校には、地域によって異なりますが、教員免許を持っていない高卒の先生がいます。

それが、実習助手と言う名の先生です。

 実習助手と言うのは、あまり聞き慣れない名称だと思いますが、実習助手とは、教諭の指示に従い行う実習や実験等のみを担当する先生の事です。

通常、実習助手の大部分は、主として、工業高校、農業高校、水産高校等の実業系の高校に勤務していますが、極少数ですが、理科や家庭科等の実習助手の場合は、普通高校に勤務していることもあります。

尚、実習助手と教諭の最大の違いは、担当出来る授業範囲です。

前者が担当出来る授業は、教諭の指示に従い行う実習や実験等のみに限定されていますが、後者が担当出来る授業は、教員免許範囲内のあらゆる授業(実習や実験等だけではなく学科に関する授業)を行うことが出来ます。

その為、実習助手は、教諭よりも下位の位置付けになります。

 ところが、この実習助手には、非常に美味しい特典があります。

それは、実習助手として採用後、一定の実務経験を積みながら、大学等で一定の単位取得をすれば、教員免許(例:工業実習、農業実習、水産実習等)が取得出来ることです。

そして、その後、実習教諭(地域によって名称は異なります)に任用替えされれば、教諭と同等の給与水準になることです。

 ネット上で実習助手関係の掲示板等を閲覧すると、結構、実習助手の世界も、色々と大変なことが多いようですが、高卒や教員採用試験不合格者等で、何が何でも教育関係の仕事に携わりたいという人にとっては、この実習助手と言う選択肢を考慮してみるのもいいかもしれません。

 さて、気になる実習助手になる方法ですが、これは、都道府県によって異なる為、一概には言えません。

しかし、私自身、過去、一度だけ静岡県の実習助手(電気電子通信)採用試験を受験し、勉強するのが面倒臭くて、全く勉強せずに試験に臨み、第1次試験で見事に玉砕した経験が有る(笑)為、参考迄に、分かる範囲で採用試験の内容を掲載しておきます。

 第1に、静岡県の場合は、例年、10月に第1次試験、11月に第2次試験が行われ、第1次試験では、筆記試験(一般教養、専門)、個人面接、第2次試験では、個人面接、適性検査、書類審査が行われます。

尚、他の都道府県では、この様な試験以外に、作文試験や、教科によっては実技等が科される場合もあります。

 第2に、受験資格については、静岡県の場合は、高卒以上ということだけですが、他の都道府県では、大卒以上と言う学歴、教員免許取得者と言う資格、年齢制限等の色々な条件が有る所もあります。

 第3に、試験のレベルについては、他の都道府県の事はよく分かりませんが、静岡県の場合は、私の感覚では、昔は高校入試レベルの試験で、最近は、高校卒程度の気がしました。

それから、昔は、英語の試験は無かったのですが、最近は、英語の試験が有ります。

その為、静岡県で実習助手(電気電子通信)採用試験を受験する場合は、工業高校生向けの就職試験用の問題集で勉強しておけば役立つと思います。

尚、静岡県の実習助手採用試験の過去問については、県内の財務事務所等で閲覧することが出来ます。

 最後に、日本全国各地の実習助手採用試験に関する情報収集や、その他実習助手に関して色々な情報収集をしたい人等には、「実習助手のお仕事(http://www012.upp.so-net.ne.jp/isaac/mailmaga/assistant.html)」というHPが、お薦めです。

http://www.blogmura.com/ ←にほんブログ村

就職や転職に関するブログ等、色々なブログを閲覧することが出来ます。

以上

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する