fc2ブログ

カテゴリ


検索フォーム


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -



最新記事


最新コメント


最新トラックバック


にほんブログ村


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
27位
アクセスランキングを見る>>

三色旗(2010年12月号)

 今月も、待ちに待った、三色旗(2010年12月号)が、来ました。

毎月一回、三色旗を読むのが、私の楽しみの一つでもありますが、今月号も、興味深い記事が、色々と掲載されていました。

中でも、小泉信三記念講座(2010年8月12日)の載録記事である、小室正紀「江戸時代の貨幣政策論争―元禄・享保期を例として」P2~P29は、現代日本の経済政策を考える上でも、相通じるものがある、非常に興味深い内容で、面白かったです。

 それから、もう一つ、興味深い記事がありました。

それは、上田修一「卒業論文作成の手引き 論文への新しいアプローチ」P30~P38と言う記事です。

私は、当初、この題名を見た時、「おや?」と思いました。

それは、卒業論文作成の手引きというテーマに関しては、過去の三色期で、何度も掲載されているテーマであり、このテーマに関しては、過去の記事で十分に言い尽くされていた感があったからです。

ところが、今回の記事を読んで、その内容の斬新かつ素晴らしさに、目を見張りました。

正に「目から鱗が落ちた」気がしました。

通常ならば、その内容について、詳しく説明するところですが、今回は、止めておきます。

それは、最初から結論が分かっていたら、最初から犯人が分かっている推理小説を読むのと同様、その内容に対する興味が色褪せてしまうからです。

そして、このことは換言すれば、未知との遭遇という面白さを、慶應通信生の皆さんから奪うことになるからです。

でも、ちょっとだけ、その内容を知りたいと言う人の為に、この記事の中に出てくるキーワードの一部をお教えします。

キーワードは、「機関リポジトリ」,「パブメド(Pubmed)」,「サイ二―(CiNii)」,「IMRAD」,「ウィキぺディア」,「NDL-OPAC」,「WorldCat」等です。

 今月号の三色旗が手元にない人は、残念ながら、この内容を知ることは出来ませんが、三色旗が手元にある人は、是非、この記事を読んで、キーワードの内容を確認してみて下さい。

この記事を読んでおけば、卒業論文は勿論、学術専門誌や学会等に提出する論文を作成する時等にも、大いに役立つ情報を得ることが出来ます。

以上

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://shikakumaniafc2.blog.fc2.com/tb.php/326-31579125

 | ホーム |