検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
175位
アクセスランキングを見る>>
PR
PR

防災講座始めます!!

2010/10/31 11:25:17 | 読んで得する?生活の知恵 | コメント:0件

 最近は、地震、豪雨災害、台風等の自然災害が、日本各地で起きています。

そこで、今日から、このブログを利用して、その様な自然災害に遭遇した時に役立つ知識を紹介する防災講座を始めることにしました。

 尚、一口に自然災害と言っても、地震、台風、豪雨災害、風水害、火山災害、津波、土砂災害等、色々な災害がありますが、静岡県民にとっては、何と言っても、東海地震が一番の懸念事項なので、当面は、地震の話を中心にして講座を進めていきたいと思います。

そして、地震に関する話が一通り済んだ後で、追々、その他の災害についても話をしていくつもりです。

但し、私は、飽きっぽい性格の為、途中でこの講座に飽きたら、この講座を終了するので、いつまで続くかは分かりません。

その為、あまり期待はしないで下さい(笑)。

 ところで、東海地震が起きた場合、静岡県はどうなると思いますか?

静岡県は、平野部があり、海岸に面しており、国1や東名高速道路等もあるので、直ぐに、それらを利用して、日本全国から被災地に救援物資が届けられると思いますか?

答えは、NOです。

実は、静岡県は、東海地震が起きた場合は、静岡県全域が被害を受け、県内の広範囲で陸の孤島状態になり孤立する可能性があります。

 第1に、東側からの陸路については、東海地震が起きた場合、東名高速道路や国1という主要幹線道路は、由比にある薩埵峠が崩れたり、広範囲に渡って損壊し使用不能になる可能性があります。

また、第2東名についても、去年の駿河湾沖地震で東名高速道路の一部が崩れて使用不能になったように、どこか一箇所でも被害を受けたら、使用不能になる可能性があります。

その為、これらの道路が使用不能になった場合は、東日本地域からの支援を受けることは出来ません。

 第2に、西側からの陸路については、東海地震が起きた場合、静岡県だけではなく、愛知県も被害を受ける為、東名高速道路や国1が、広範囲に渡って損壊し、使用不能になる可能性があります。

更に、東海地震だけでも深刻なのに、三連動(東海+東南海+南海)地震が起きた場合には、西日本地域の非常に広範囲に渡って甚大な被害が出る為、西日本地域からの支援を期待することは、殆ど不可能になります。

 第3に、北側からの陸路については、山間部で道が狭い為、あまり期待することは出来ません。

 第4に、海路については、静岡県内の港は、津波による漂流物によって封鎖され、使用不能になる可能性が高い為、海路による支援も期待することは不可能です。

 第5に、空路については、現在、静岡県には、空路による支援の拠点としては、航空自衛隊基地、静岡空港等があります。

その為、空路による支援の場合は、それらの拠点に近い被災地はいいのですが、そうではない離れた場所にある被災地の場合には、各地の道路が寸断されている為、支援を受ける迄に、かなりの日数を要する可能性があります。

 因みに、阪神大震災の場合は、被災地域が、淡路島~神戸市を含む阪神地域というごく限られた範囲であった為、地震発生の当日から大阪府等の周辺府県からの救援物資が阪神地域に届けられました。

しかし、東海地震の場合は、阪神大震災とは比べものにならない位、甚大で、広範囲の被害が出る為、静岡県民としては、直ぐには、周辺都県の救援物資が届かないことをしっかりと肝に銘じておく必要があります。

以上

【参考文献】

■静岡県危機管理部危機情報課『静岡県ふじのくに防災士養成講座テキスト』平成22年、静岡県発行、P1、P2参照。

以上

http://www.blogmura.com/ ←にほんブログ村

防災に関するブログ等、色々なブログを閲覧することが出来ます。

以上

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する