fc2ブログ

カテゴリ


検索フォーム


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -



最新記事


最新コメント


最新トラックバック


にほんブログ村


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
27位
アクセスランキングを見る>>

婚外子相続差別「合憲」見直しか 最高裁が大法廷回付

 今週は、非常に興味深い記事がありました。
 
それは、『婚外子相続差別「合憲」見直しか 最高裁が大法廷回付』という記事です。
 
詳細については、記事に書かれているので省略しますが、もし、最高裁が婚外子相続差別を「違憲」だと判断した場合は、かっての尊属殺(刑法200条)規定の「違憲」判断、同様、非常に画期的な判断だと言えます。
 
即ち、相続時の取り分が、婚外子相続差別が「合憲」の場合は、現状通り、婚外子は嫡出子の1/2ですが、「違憲」の場合は、婚外子=嫡出子ということになるからです。
 
 そうなれば、当然のことながら、法律の勉強をしている人や法律にかかわる人達にとっても、非常に大きな影響を与えることになります。
 
特に、婚外子の相続問題は、試験で出題される可能性が高いので、来年以降、宅建等の法律系資格試験を受験する人や法学部等で法律の勉強をする人は、この問題に関する今後の最高裁の判断については、要注意です。
 
 資格試験の勉強というと、兎角、テキストや問題集等の教材ばかりに目が行ってしまい、視野が狭くなりがちですが、実は、試験勉強に役立つ情報というのは、教材だけではなく、このような新聞記事からも得ることが出来ます。
 
その為、資格試験に合格する為には、このような情報を逃さないように、アンテナを広く張り巡らせておくことが重要です。
 
以上
 
http://qualification.blogmura.com/ ←にほんブログ村 資格ブログ
 
以上
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://shikakumaniafc2.blog.fc2.com/tb.php/360-f7e7623b

 | ホーム |