検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
175位
アクセスランキングを見る>>
PR
PR

サイエンスボランティア

2010/05/02 08:47:36 | その他 | コメント:0件

 いよいよ、GW(ゴールデンウィーク)、突入ですね。

このGW期間中、皆さんは、何をして過ごしますか?

私は、昨日、今日と、2日間連続で、地元の科学館で、サイエンスボランティアをしています。

サイエンスボランティアというのは何かと言うと、科学館で、子供達に、科学実験や科学に関する工作教室等を通じて、科学の面白さや楽しさを伝えるという、ボランティア活動です。

因みに、私は、この活動を、今年で、かれこれ、10年以上続けています。

 しかし、ここで、誤解の無いように言っておくと、私が、この活動を続けているのは、決して、世の為、人の為に、無償の精神で奉仕すると言ったような、高尚な理由からではありません。

私が、この活動を続けている理由は、唯一つ、自分の為です。

私にとって、この活動は、無料で、面白くて楽しい体験が出来る活動なので、趣味としてやるには、最適な活動だからです。

従って、私は、いくらボランティア活動であっても、自分が興味が無い活動や嫌いな活動に参加する気は、毛頭ありません。

 欧米社会と違い、日本社会においては、ボランティア活動が、あまり普及してない為、ボランティア活動と言うと、何か、とてつもなく高尚な気がして、近寄りがたい印象があるかもしれませんが、私は、ボランティア活動というのは、そんなに堅苦しく考えて参加する必要はないと思います。

それは、私は、ボランティア活動とは、「Win,Win」(自分も他人も社会も皆、ハッピー)になることだと解釈しているからです。

極論すれば、例えそれが、自分自身の虚栄心等を満たす為の偽善行為であったとしても、ボランティア活動によって、自分や他人、或いは、社会が、結果として、「Win,Win」ならば、その行為に対し、何ら恥ずべき必要はないと思います。

 それどころか寧ろ、徒にボランティア活動に高尚さを求め過ぎた結果、ボランティア活動=無償の精神で奉仕することであり、強制的に、ボランティア活動に参加させるような考え方自体が、問題だと思います。

例えば、誰でも、学生時代、よく、ボランティア活動として、学校周辺のゴミ拾いや、近所の行事等に、強制的に嫌々参加させられたことがあると思いますが、私から、言わせれば、このような活動は、ボランティア活動では、ありません。

子供の頃から、こんな嫌な活動がボランティア活動だという、教育を受けていたら、大人になってボランティア活動をやろうとする人が、中々、いないのも道理です。

 日本で、ボランティア活動を普及する為に必要なことは、ボランティア活動=「Win,Win」というように、柔軟な考え方をすることなのかもしれません。

 皆さんも、興味があるボランティア活動があったら、気軽に参加してみて下さい。

以上

http://www.blogmura.com/ ←にほんブログ村

ボランティア活動ブログ等、色々なブログを閲覧することが出来ます。

以上 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する