検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
1161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
186位
アクセスランキングを見る>>
PR
PR

不衛生? 安くて早い「1000円散髪店」大ピンチ!

2010/03/20 10:04:05 | その他 | コメント:0件

 「不衛生? 安くて早い「1000円散髪店」大ピンチ!」(http://netallica.yahoo.co.jp/news/115440)という夕刊フジ(昨日)の記事がありました。

でも、これって、ただ単に、「全国理容生活衛生同業組合連合会」(全理連)が、自分達の既得権益を守る為だけに、ポケモンじゃなくて、イチャモンをつけているようにしか思え無いんですが・・・。

 まあ、確かに、切った髪の毛が飲食物に落ちるのは、不衛生なことかもしれませんが、こんなことが起きるのは、1000円散髪店の責任じゃなくて、散髪後に飲食店に行く、非常識な客の問題だと思います。

私は、この1000円散髪店をよく利用しているのですが、そこら辺は一応、気を使って、散髪後には、飲食店には、行かないようにしています。

これが、常識だと思います。

それを、一部の非常識な客の行為を拡大解釈して、1000円散髪店の責任にするとは、イチャモンとしか言い様がありません。

 最近は、1000円散髪店の台頭で、昔ながらの床屋離れが起きており、そんな昔ながらの床屋の団体である、全理連が危機感を抱くのは止むを得ないことかもしれません。

しかし、だからと言って、自分達の既得権益を守る為に、消費者ニーズを無視するような規制の条例化を、地方公共団体に求めるというのは如何なものかと思います。

 消費者ニーズに応えられない床屋離れが起きるのは、当然であり、それは、自業自得です。

サービス業であるならば、こんなイチャモンをつけるのではなく、正々堂々、消費者ニーズを掴むような、ビジネスモデルで勝負すべきです。

はっきり言って、今回の全理連の行為は、見苦しい限りです。

と言うわけで、断固、私は、1000円散髪店を、支持します。

1000円散髪店は、庶民の味方です。

全理連なんかに負けないで、1000円散髪店、頑張れ~!!

以上

http://www.blogmura.com/ ←ブログランキング にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、気が向いた時に、クリックしてください。

以上

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する