検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
175位
アクセスランキングを見る>>
PR
PR

新年早々もう大変!!

2010/01/03 14:28:06 | その他 | コメント:0件


 昨日(2日)に、法多山に、初詣に行って来ました。

初詣と言っても、余りにも混んでいた為、お参りはせずに、お札だけ貰って帰って来ました。

何のお札かと言うと、厄除けのお札です。

実は、私は、昭和44年生まれの酉年ですが、今年は、厄年&黒星&大凶という、人生最大の最悪な年だからです。

その為、厄除け祈願のお札(加持祈祷料込)を購入したのですが、その値段が、3,000円~20,000円以上迄、色々とありました。

しかし、相変わらず、財政が厳しいので、一番安い、3,000円にしておきました。

 その帰りに、国一バイパスにある、掛川の道の駅に寄って、昼食を食べて来ました。

昼食は、そこのカフェテリアで食べましたが、このカフェテリアは、セルフサービス方式の食堂で、ライス(小、中、大)や、おかず(揚げ物、冷菜、味噌汁等)は、自分の好みに応じて、好きな物だけを選択して食べることが出来ます。

しかも、一品辺りの値段も安く、味もいいので、お薦めです。

 ところで、話は、変わりますが、1月1日から、我家に新しい家族が増えました。

名前は、オスカーです。

尚、オスカーを驚かせないように、フラッシュを使用せずに撮影したので、ちょっと、見難いかもしれませんが、上の写真が、オスカーです。

オスカーは、ラブラドールの生後4ヶ月の子犬で、成犬になれば、もっと大きくなりますが、これが、本当に子犬かと思う程、大きい(小形犬の成犬よりも大きい)です。

しかも、オスカーは、家柄ならぬ、犬柄とでもいうか、血統が非常にいい犬で、血統書付のセレブ犬なので、食事も、はっきり言って、飼主である私達家族より、いい物を食べています(笑)。

その為、1日2回の食事は、毎回、生の馬肉(250g)、舶来物(「Bil・Jac」とかいうドッグショーの本場の物)のドックフード(200g)、発酵野菜パウダーとビール酵母を、其々、中さじ一杯づつです。

これら以外に、きな粉(プロテインの代わり)も中さじ一杯、食べさせた方がいいみたいなのですが、買って来るのが、面倒臭いので、きな粉は、現在、食べさせていません。

 何で、そんな犬が、貧乏な一般庶民である我家に来たかというと、私の父が、ブリーダーをやっている親戚が、年始の挨拶に来た時に連れて来たオスカーを見て、一目で、オスカーのことが、気に入ってしまったからです。

当初、私は、雑種なら兎も角、そんなセレブ犬は、世話が大変なので、とても面倒見切れないと思い、強行に飼うことを反対しました。

その為、一時は、父も諦めたように見えました。

ところが、父の方が一枚上手で、親戚が忘れ物をして行ったので、父が、親戚に忘れ物がある旨を電話したのですが、その時、止める間もなく、独断でオスカーを飼う事を決めてしまい、「今日は、正月で縁起がいいから、オスカーを家に置いて行けばいい」ということで、その日の内に、オスカーが我家に来ることになってしまいました。

この電光石火の父の変わり身の速さには、お手上げです(苦笑)。

そこで、その親戚が、オスカーを無料でくれたので、1月1日から、オスカーが、我家の一員となった次第です。

 でも、考えてみたら、オスカーも可哀想なんですよね。

オスカーは、親戚の家では、他の犬達と一緒に、暖かい室内で飼われていたのですが、それが、我家に来たとたん、隙間風が吹き込む、冷たい玄関で暮らす羽目になってしまったんですから。

 しかも、飼主が、私や私の父みたいに、雑種を飼った経験はあっても、ドッグショーに出すような犬を飼った経験が皆無の素人になってしまったんですから、もう大変です。

以前、飼っていた犬は、雑種の柴犬だったので、庭に犬小屋を建て、餌は残飯、散歩は、気が向いた時にするだけで、躾も何もする必要が、ありませんでした。

それを今度は、食事管理や躾をし、散歩も毎日、朝夕2回やらないといけない上に、犬への命令は、原則、英語でした方がいいと言うことなので、馴れない英語を使うだけでも一苦労です。

私達家族は、昨日、今日と、やんちゃなオスカーに振り回されっぱなしです。

オスカーは、室内で暮らしていた時の癖が抜けきらない為、時々、玄関から、廊下に上がりこもうとします。

その度に、父や私が、それを阻止するのですが、中々、言うことを聞いてくれません。

また、父には、何度も、そういう時には、「駄目」ではなく、英語で「NO」と言うように、言ってあるのですが、父は、どうも、それが苦手みたいで、「オスカー、駄目、駄目、駄目、駄目・・・」や、「オスカー、NO、NO、駄目、駄目、駄目、」といった、どうしても日本語の命令になってしまいます。

今から、これでは、先が思いやられますが、オスカーに振り回される父の様子が滑稽で、中々、面白いです(笑)。

 最後に、オスカーは、賢いので、徐々に、貧乏生活にも慣れて行ってくれると思います。

それまで、気長にじっくりと、待つことにします。

来年の今頃は、オスカーも、セレブ犬から野生味あふれる犬へと、華麗なる変身?を、遂げていると思います(笑)。

以上

http://www.blogmura.com/ ←ブログランキング にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、気が向いた時に、クリックしてください。

以上

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する