検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
175位
アクセスランキングを見る>>
PR
PR

卒論関係12『被害者学研究 第16号 2006.3』

2009/07/20 10:59:11 | 慶應通信法学部甲類体験記(塾生) | コメント:0件


 今回紹介するのは、日本被害者学会『被害者学研究 第16号 2006.3』(2006年、成文堂)です。

 この本は、日本被害者学会の学会誌なので、この本を読めば、被害者学関係のタイムリーな論文内容を知ることが出来ます。

 因みに、この本は、厚さ約6mmで、見た目は、小学生が作る文集みたいな貧弱な装丁ですが、さすが、学会誌だけあって、値段は、1800円+税と、かなりいい値段です。

今更言うまでも無いことですが、やっぱり学会誌は、高いです。

以上

http://university.blogmura.com/university_tsushin/ ←にほんブログ村 通信大学生

色々な大学通信教育課程ブログを閲覧することが出来ます。

以上

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する