fc2ブログ

カテゴリ


検索フォーム


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -



最新記事


最新コメント


最新トラックバック


にほんブログ村


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
27位
アクセスランキングを見る>>

卒論関係9『極刑 スコット・トゥロー』


 今回紹介するのは、訳者 指宿信 岩川直子『極刑 スコット・トゥロー』(2005年、岩波書店)です。

 この本の原著者であるスコット・トゥローという人物は、『推定無罪』等を執筆したベストセラー作家であり、弁護士でもある人物です。

この本には、「死刑をめぐる一法律家の思索」と言う、サブタイトルがついていますが、米国イリノイ州死刑諮問委員会のメンバーでもあった原著者が、いかにして、死刑制度容認から死刑廃止になったのかと言う、心の軌跡が描かれています。

兎角、死刑廃止論者は、被害者感情=感情論だと切り捨ててしまう傾向がありますが、この原著者は、そうではなく、被害者感情も考慮した上での、死刑廃止論を展開しています。

そう言った点では、非常に珍しいタイプの死刑廃止論であると言えます。

 また、この本には、原著者自身の実体験を元にした、被害者感情の問題や米国イリノイ州死刑諮問委員会の審議内容等も記載されているので、死刑制度と被害者感情の関係を考察する際の資料としても十分役立ちます。

以上

http://university.blogmura.com/university_tsushin/ ←にほんブログ村 通信大学生

色々な大学通信教育課程ブログを閲覧することが出来ます。

以上

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://shikakumaniafc2.blog.fc2.com/tb.php/452-9552f8cd

 | ホーム |