検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
175位
アクセスランキングを見る>>
PR
PR

卒論関係6『死刑廃止法案 年報・死刑廃止2003』

2009/03/24 17:10:39 | 慶應通信法学部甲類体験記(塾生) | コメント:0件


今回紹介するのは、編集・年報死刑廃止編集委員会『死刑廃止法案 年報・死刑廃止2003』(2003年、インパクト出版会)です。

 『本書で大きなページを割いたのは、一九五六年の死刑廃止法案問題である。この法案はあらゆる法律から死刑という言葉をとるという法案であったが、参議院の法務委員会で二日にわたる公聴会が開かれただけで、次国会で廃案となってしまった。しかし、この二日間の公聴会での議論に死刑制度のほぼすべての問題点が網羅されているのである。もし死刑制度調査会が設置されることがあれば、そこで議論されることの原型がすべてここにある。』※同書前書きの一部を引用。

死刑廃止法案については、亀井静香等の死刑廃止を推進する議員連盟が、この法案を成立させる為に、色々と画策をしていますが、今の所は、成立していません。

しかし、このような国会議員がいる以上、今後、この法案が成立する可能性が、皆無とは言い切れません。

 この法案を巡る問題は、今後の死刑制度の存亡に関る重要な問題なので、死刑制度に関心がある人は、一通り、目を通しておけば、何かの役に立つかもしれません。

以上

http://university.blogmura.com/university_tsushin/ ←にほんブログ村 通信大学生

色々な大学通信教育課程ブログを閲覧することが出来ます。

以上

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する