検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
175位
アクセスランキングを見る>>
PR
PR

出版に関する質問

2008/11/19 11:36:37 | 読んで得する?生活の知恵 | コメント:0件

『実は私も商業出版を希望していまして、10社に企画書を送りましたが1週間たってもまだ返事が来ません。返事は通常、どのぐらいで来るのでしょうか?それと企画を通りやすくするにはどうしたらよいでしょうか?あと、商業出版するにあたって注意する点を教えて下さい。』と言う質問を受けました。

 そこで、私が経験した範囲内で、回答を記載しておきます。

【返事の期間】

 私の場合は、1週間~数ヵ月後と、出版社によって、バラバラでした。

例えば、1週間程度で、採用の返事が来た所もあれば、数ヵ月後に採用の返事が来た所もあり、不採用の場合も、同様でした。

【企画を通り易くする方法】

 先ず第1にすることは、企画内容を充実させることです。

大本の企画内容が良くなければ、どうしようもありません。

 第2にすることは、企画内容を出来るだけ分り易く簡潔にPRすることです。

その時、心掛けることは、その企画の素晴らしさを主観的ではなく客観的にPRして説明することです。

例えば、専門書を出版する場合を想定します。

この時、著者本人が、「この企画は素晴らしいです。」という主観的な説明だけでは、説得力が有りません。

しかし、実は、この著者が、工学博士、弁護士、大学教授等の物凄い肩書きを持っていたとしたら、どうでしょうか?・・・肩書き(学位、資格、職業等)

或は、塾の先生等が、授業の中で、実際に教材として使用し、生徒から好評だったという実績があったとすれば、どうでしょうか?・・・実績

はたまた、或は、その企画内容が、従来には無い斬新さがある内容だとしたら、どうでしょうか?・・・斬新性

それだけで、なんか、その企画が素晴らしい企画のような気がしませんか?

このように、一つでも多くの客観的証拠を集め、その数が多ければ多い程、説得力が増し、企画が通り易くなります。

【商業出版するにあたって注意する点】

第1に、他人の著作権を侵害しないこと。

第2に、契約内容をしっかり確認すること。

第3に、信用がおける出版社を選ぶこと。

第4に、誤字、脱字等の校正をしっかりやること。

第5に、市場調査をしっかりすること。

第6に、出来るだけインパクトがある書名にすること。

第7に、全国に本を流通させることが出来る出版社を選ぶこと。

 最後に、質問者さんの、商業出版が成功することを祈っております。

以上

http://www.blogmura.com/ ←ブログランキング にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、気が向いた時に、クリックしてください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する