検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
175位
アクセスランキングを見る>>
PR
PR

雑用

2008/08/29 17:57:34 | 電工2種合格者能力向上講座 | コメント:0件


 最近、何かと忙しくて、雑用が大分溜まって来たので、久し振りに、溜まった雑用を片付けました。

それにしても、何で、こんなに雑用って溜まるんでしょうね。

今日やった主な雑用は、蜂の巣の撤去と車庫の蛍光灯の修理です。

 まず、蜂の巣の撤去ですが、何故かしら、暑くなると、我が家では、至る所に、蜂の巣が出来てしまいます。

そのせいで、先日、蜂の巣があることを知らないで、その巣の側を通った家人が、蜂に刺されてしまいました。

蜂の巣があると、いつ刺されるか分らないので、本当に物騒でしょうがありません。

というわけで、私の出番です。

 どういうわけか、私は、昔から蜂の巣を撤去するのが得意で、我が家の蜂の巣の大部分は、いつも私が撤去しており、過去、一度も蜂に刺されたことは有りません。

 私の蜂の巣の撤去方法は、至ってシンプルで、まず、ホースで、蜂の巣めがけて集中的に放水し、蜂の動きが鈍くなった頃を見計らって、火掻き棒等で叩き落し、後は、一目散に逃げて、蜂がいなくなったら、叩き落した蜂の巣を、拾って、捨てるだけです。

今日の戦果は、直径10cm程度の物を3個です。

因みに、本日、私が、蜂の巣を落とした時の格好は、半袖Tシャツ+半ズボン+サンダルですが、いつも、大体こんな格好で蜂の巣を落としています(笑)。

 蜂の巣を落とす時の第一のこつは、蜂の動きを見極めることです。

特に、蜂の巣の周りには、必ず巣の周囲を偵察している蜂(偵察蜂)がいて、人間が巣に近づくと、真っ先に攻撃を仕掛けてくるのが、この偵察蜂です。

ですから、まず、この偵察蜂の動きを把握しておく必要があります。

この偵察蜂の動きを見落としてしまうと、思わぬ所から奇襲攻撃を受けることになります。

 第2のこつは、蜂の巣や蜂に、常に大量の水を掛けるということです。

蜂は、羽が濡れると飛べなくなって、動きが鈍くなります。

その為、本当は、蜂の巣の撤去は、雨降りの日にやるのが最適ですが、私の場合は、思い立ったが吉日で、その日の気分で、気が向いた時に、蜂の巣の撤去をやっているので、今日みたいな晴天の日でも撤去をやります。

 第3のこつは、逃げる時は、追いかけて来る蜂をめがけて、雨みたいにホースで水をばら撒きながら、一目散に逃げることです。

ただ、逃げるだけだと、蜂はどこまでも追いかけて来ます。

 第4のこつは、蜂の巣を撤去した場所には、当分の間近づかないことです。

蜂の巣を撤去しても、当分の間は、蜂が未練たらしく巣があった場所の周辺を飛び回っているので、不用意に近づくと刺されることがあります。

 それから、建築物の木造部分には、蜂が巣を作ることが結構あるので、暇が合ったら、蜂の巣がないかどうか、1度、自宅の周辺をパトロールしたほうがいいです。

 それと、蜂の巣の撤去は、非常に危険なので、慣れない人は、やらない方がいいです。

蜂に刺されると、アレルギーショックを起こして、死亡する可能性があります。

 さて、次にやった雑用は、車庫の蛍光灯の修理ですが、これは、スタータ{グローランプとコンデンサが入っている銀色の筒(※写真参照)、白い筒の場合もある}の交換をしただけで済みました。

 実は、この蛍光灯は、数年前から、スイッチを「ON」にしても、点灯するのに非常に時間がかかっており、大分前から修理しようと思ってはいたのですが、修理するのが面倒臭くて、放置しておいたら、遂に、最近は、点灯すらしなくなってしまったので、しょうがないので、今日修理することにしました(苦笑)。

 スタータ式蛍光灯の仕組みは、非常に単純で、故障する部分は、基本的には、蛍光管、スタータ、安定器のどこかなので、故障の特定は非常に簡単です。

参考までに、誰でも出来るスタータ式蛍光灯の故障箇所の特定方法を紹介しておきます。

①蛍光管を新品(新品が無い場合は、異常なく使用することが出来ている他の器具の蛍光管でもOK)に付け替えて見る。→問題が解決すれば、蛍光管の故障なので、新品の蛍光管に取り替えればOK。

②①で問題が解決しない場合は、スタータを新品(新品が無い場合は、異常なく使用することが出来ている他の器具のスタータでもOK)に付け替えてみる。→問題が解決すれば、スタータの故障なので、新品のスタータに取り替えればOK。

③①や②で、問題が解決しない場合は、安定器の故障なので、電気屋さんに頼んで、安定器の交換をして貰ってください。

以上

http://www.blogmura.com/ ←ブログランキング にほんブログ村

以上 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する