検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
175位
アクセスランキングを見る>>
PR
PR

科目試験終了(2006.10)

2006/10/15 15:48:51 | 慶應通信法学部甲類体験記(塾生) | コメント:0件

 やっと、10月の科目試験が終了しました。

 結論から言えば、今回も前回(7月の科目試験)同様惨敗で、無残な結果に終りました。

 今回の敗因として、一番大きかったことは、見事にヤマが外れたことです。

正直言って、私は、試験のヤマを張ることに関しては、自信があり、過去に何度か、私の張ったヤマと全く同じ試験問題が出題されたことがありました。

その為、自分のヤマ勘を過信し、過去問の分析を面倒臭いと思いやらなかったことが、今回の敗因に繋がったのだと思います。

 今回のことで、改めて、ヤマを張る時の過去問分析の重要性を再認識しました。

 次回の試験は、来年の1月なので、今度こそ、今回の雪辱を果たしたいと思います。

 と、ここで終っていれば、けなげな学生ですむのですが、私の場合は、続きがありまして、本当は、ヤマ等張らずに、どんな問題が出ても対処できるように満遍なく勉強するのが理想なんですけど、怠け者の私には、とてもそんな真面目な勉強法はまどろっこしくて出来ません。

だから、いつも、試験が終った後で後悔することが多いのかもしれません(苦笑)。

 因みに、昨夜は、試験終了後に毎度の事ながら懇親会があったので、喜んで出席しました。

そして、23時過ぎに帰宅し、1時過ぎに就寝し、今日は、9:30開始の試験に間に合わせる為に6:00に起床したので、思いっきり寝不足状態で、試験を受ける羽目になってしまいました。

一日目の試験が終了して、無残な結果に終ったことが明らかなのに、試験終了と同時に、綺麗さっぱりそのことは忘れ、次の日の試験のことも考えずに、懇親会で盛り上がっている私っていったい何なんだろう・・・・(苦笑)。

 私は、色々な試験に何度も落ちているので、不合格に対する免疫が出来てしまい、不合格になっても直立ち直ることが出来ます。

しかし、それも物の考え様で、立ち直りが早いことはいいことですが、それが行き過ぎてしまうと、試験に対する緊張感が全く無くなってしまうというデメリットも生じて来ます。

こうなってしまうと、もうどうしようもありません。

本当に不真面目な学生で困ったものです(苦笑)。

以上

http://university.blogmura.com/university_tsushin/ ←にほんブログ村 通信大学生

以上 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する