fc2ブログ

カテゴリ


検索フォーム


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -



最新記事


最新コメント


最新トラックバック


にほんブログ村


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
27位
アクセスランキングを見る>>

高速電力線搬送通信(PLC)について

 皆さんは、高速電力線搬送通信(PLC)という言葉を聞いたことがありますか?

PLCというのは、Power Line Comunication の略称で、電力線に情報信号を載せて伝送する電力線通信のことを言います。

 従来、電力会社では、電力システムの制御用として低速のPLCが利用されていました。

それを伝送速度(情報の伝達スピード)を高速にし、一般の情報伝送用として利用出来るように、現在開発中なのが、高速電力線搬送通信(PLC)です。

そして、このシステムが、今、新しい通信インフラとして脚光を浴びています。
 
 このシステムが脚光を浴びる理由は、LANケーブル等がなくても、電気配線(コンセント)さえあれば、PCや情報家電等をインターネット等に接続出来ることです。

そうすることにより、LANケーブル工事が不要になる為、その分の工事費が安くなります。

更に、インターネット等が導入されていない、既存建物等についても、コンセントさえあれば、直にインターネットに接続出来る為、煩わしいLANケーブル工事等が不要になり、ユビキタス(いつでもどこでも簡単にインターネット等に接続出来ること)ネットワークの実現に役立ちます。

 このように、PLCは正に夢のシステムですが、このシステムを実現させる為には、解決しなければいけない課題がいくつかあります。

例えば、電力線には、コンセント等を介して、色々な電気機器等が繋がっている為、それらの機器の接続状態や稼動状態等によっては、通信品質が大きく影響を受けることがあるので、どのようにして、それらの影響を抑えて、高い通信品質を実現するかということです。

或いは、電力線は電話線とは違い、漏洩電波対策が十分ではないので、漏洩電波対策をどのようにするかといったこと等です。

 今の所は、インターネット接続をする為には、LANケーブル工事が必要不可欠なので、工事担任者資格の人気が非常に高いです。

しかし、PLCが実現すれば、電気配線さえあればいいので、LANケーブル工事が不要になります。

その為、電気工事士試験でも、IT関係の問題が出題がされるようになり、若しかしたら、今以上に電気工事士資格の人気が高くなるかもしれません。

因みに、電験は何年か前から、IT関係の問題が出題されています。

 いずれにしろ、PLCが実現すれば、電気工事士の仕事の幅が広がる可能性は十分にあると思いますが、新しく勉強しなければいけないこともかなり増えてくると思います。

 それから、これは、電気工事士に限らず他の資格全般についても言えることですが、知識や技術は日々進歩して行きますが、それに反し、私の知識や技術は日々陳腐化しています。

その為、「人生、一生勉強」ではありませんが、当分、私が、勉強を止めることは出来そうもありません。

【参考文献】
『OHM』2006・9「特集 注目される新しい通信インフラ 高速電力線搬送通信(PLC)の最新動向」P37~57
                                        以上

http://www.blogmura.com/ ←ブログランキング にほんブログ村

以上 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://shikakumaniafc2.blog.fc2.com/tb.php/710-d2bdd0e5

 | ホーム |