検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
175位
アクセスランキングを見る>>
PR
PR

柔道昇段審査(初段)受験体験記

2006/07/31 18:43:58 | 資格取得体験記 | コメント:0件


 昨日、TVでK1を見ました。

私は、武道が好きで、時々、この種の番組を見ますが、基本的には、観戦するよりも自分でやる方が好きなので、興味のある選手の試合しか見ません。

私が今回、興味があったのは曙とボビーオロゴンだけですが、相変わらず曙は弱いですね。

それに反して、意外に善戦したのがボビーでした。

ボビーの相手の日本人選手の名前は忘れましたが、キックやパンチといった打撃系のみOKのK1ルールではなくて、総合格闘技ルールで何でもありだったら、ボビーが勝てたのではないかという印象を持ちました。

そういう意味では、正にボビーは史上最強の初心者であると言えます。
 
 ところで、知っている人もいるかもしれませんが、実はボビーが格闘技を始めたきっかけは、ウッチャンナンチャンがやっていた、バラエティ番組(ウリナリ?)の企画です。

この企画は半年間、古賀(オリンピック柔道金メダリスト)の指導を受けて、柔道の初段を取ると言う内容でした。

色々な芸人が昇段審査を受けたのですが、その中でもボビーが一番ずば抜けていました。

その時、確か、初段に合格したのは、ボビー、ナンチャン等でしたが、同じ初段であっても、実は、ボビーとナンチャンでは審査基準が違っています。

 初段の場合、審査は実技、学科、形の三種類が行われ、それら全てに合格しないといけないのですが、実技審査には二種類あり、一般向けと年寄り向けの二種類があります。

私やボビーの受けたのは、一般向けだったのですが、ナンチャンが受けたのは年寄り向けの方でした。

だから、ナンチャンでも初段になれたんですね。

 一般向けというのは、中高生、大学生、社会人、警察学校の生徒等の若者同士で試合をし、5人連続で一本勝ちするか、合計6点以上(1本勝ちが1点、技ありの優勢勝ちが0.5点で計算)を獲得すると実技が合格になる審査です。

しかも、この試合は、勝ち残りで行われる為、勝ち続けている間はずっと連続で試合を行わなければいけないので、かなりスタミナが消耗します。

私はスタミナが無いんで、1勝するともうスタミナ切れになってしまい、次は負けるだけなので、1回の審査会では2点しか獲得できないので、結局3回審査を受けて、分割で点数を稼いで、合格することが出来ました。

でも、いいこともありました、それは、警察学校の生徒を投げ飛ばす経験が何回か出来たことです。

生徒とはいえ、警官を投げ飛ばすことなんてめったに出来る経験じゃありませんから(笑)。

日常生活で警官を投げ飛ばしたら、犯罪者になりますから、良い子の皆さんは、真似しないで下さいねー(笑)。

 それにしても、ボビーは、5人抜きをして合格をしたんで凄いと思います。

あのスタミナはとても真似できません。

 一方、年寄り向けの方は、乱取り(試合形式なんですが、勝敗は無くて、交互に技をかけたり、受けたりすることで、どちらかというと形の試合みたいなものです。)を一定時間やって、ある程度、基本が出来ていると判断されれば合格になります。

ですから、あまり、強さや、スタミナは必要ありません。

形が綺麗ならOKです。

 しかし、まさか、柔道初段のボビーが、ここまで強いとは思いませんでした。

総合格闘技の方では、曙やその他の対戦者に連勝し、K1では、負けたとはいえ、アジアチャンピオンを相手にここまで善戦するとは、凄いの一言に尽きます。

これからも、ボビーの活躍が楽しみです。

 因みに、外国人は、柔道の黒帯(ブラックベルト)=強いと言う印象があるみたいで、私が黒帯だという事が分かると、「凄い」といった感じの反応を示すんですが、実際は、ナンチャンや私みたいに、弱い黒帯もいます。

だから、黒帯といっても皆、強いわけではありません(苦笑)。

 それから、写真は、今から10数年位前に、私が使用していた柔道着ですが、最近は、余裕が無くて、武道をやるゆとりがありませんが、余裕が出来たら、今度は、居合でもやろうかなーと思っています。

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村



                             

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する