検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
175位
アクセスランキングを見る>>
PR
PR

筆記試験の感想

2006/06/04 18:24:24 | 電工2種筆記試験対策 | コメント:0件

 今日は、情報収集のため、筆記試験会場に行ってきました。

簡単に筆記試験の感想を書きます。

今年の筆記試験は、問題1が一般問題、問題2が配線図に分かれています。

 第一に、問題1は、基本的には従来の計算問題と文章問題の過去問で対応できる内容だと思います。

 第二に、問題2の問31~40までは、従来の配線図問題と同じような出題形式だったので、過去問や図記号をしっかり理解しておけば対応できる内容だと思います。

ただ間違えやすいのは、問37のHIVEで、これは、耐衝撃性硬質塩化ビニル電線管、ですが、耐衝撃性硬質塩化ビニル官と間違えた人がいたかもしれません。

 第三に、問題2の問41~50までは、従来の材料等選別に当たる部分ですが、出題形式が、従来の選別とは、かなり違っていたので、戸惑った人がいたかもしれません。

ただ、出題形式は違いますが、基本的には、従来の材料等選別をしっかり理解しておけば、対応できる内容だと思います。

例えば、問42や問44は、材料と数量の組合せで適切なものを選ぶようになっていますが、これは、従来の材料等選別試験では、使う材料と数量をマークしていたのと同じ意味です。

又、問45、47、49では、用いない物や使用しない物を選ぶようになっていますが、これは、従来は、使用しない物や用いない物はマークしていませんでしたが、今回は、それらを選ぶようになっただけです。

ですから、必要な物と不要な物が理解できていれば解けた内容です。

問41、43、46、48については、図記号が理解出来ていれば解けた内容です。

問50については、鑑別の知識で解ける内容です。

 これらが、今回の筆記試験の簡単な感想ですが、基本的には、やはり、筆記の勉強は過去問をやるのが一番だと思いました。
  
以上

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する