FC2ブログ
検索フォーム
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新トラックバック
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
474位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
94位
アクセスランキングを見る>>
PR

ロンブー田村淳氏慶應通信入学に思う

2018/07/07 09:11:35 | 慶應通信法学部甲類体験記(塾員) | コメント:2件

 先日、ヤフーニュース{HUFFPOST7/5(木)7:13配信)}で、ロンブー田村敦氏の慶應通信法学部入学を知りました。

法律を学びたいという同氏の入学理由から推測するに、多分、同氏は法学部甲類入学だと思います。

だとしたら、工業高校出身者{ウイキぺデア「田村敦」参照}である同氏にとって、法学部甲類は非常に相性が良い選択であるといえます。

それは、工業高校で学ぶ工学的思考と慶應通信で学ぶ法学的思考には類似性があるからです。

 私は工業高校(現在の偏差値は45)電気科卒の為、普通課程で慶應通信法学部甲類に入学し卒業しました。

 法学部専門科目を学ぶ時に感じたことは、電気回路問題と法律問題を解く時の考え方、工学的思考と法学的思考には類似性があるということです。

例えば、電気回路問題の場合は、公式、定理、法則等を使用し論理的に考えて答えを見付けます。

他方、法律問題の場合は、公式、定理、法則等の代わりに、条文、判例、学説等を使用し論理的に考えて答えを見付けます。

その為、私の場合、法律問題は電気回路問題を解くのと同じ感覚で解けた為、専門科目には比較的抵抗感無く取り組むことが出来ました。

 電気回路問題と法律問題を解く時の考え方で、唯一異なるのは、電気回路問題の答えは常に一つの為、自分で正答を決定出来ませんが、法律問題の答えは常に一つとは限らない為、自分で正答を決定出来る(※例:死刑存廃論や自衛隊の違憲合憲論等)ケースも有るという点です。

極論すれば、法律問題の答えは、例え相手の考えに反する見解であっても、最終的に相手が納得せざるを得ない論拠があれば、それが正答です。

 この様に、工業高校出身者にとって法学部甲類は非常に相性が良い選択である半面、工業高校出身者には特有の弱点があるのも事実です。

それは、総合教育科目に対する圧倒的な学力不足です。

普通高校出身者だったら、国社数理英に関しては十分やっている為、総合教育科目の基礎固めが出来ていると思います。

 しかし、工業高校出身者は違います。

私が卒業した工業高校の場合、国社数理英の授業レベルは中学校の延長みたいな程度でした。

その為、基礎的な学力不足が原因で総合教育科目で大いに苦労しました。

特に英検4級(3級は2回不合格で断念)の私にとっては、英語が致命的で、筆舌に尽くしがたい塗炭の苦しみを味わいました。

 今回のニュースを知り、工業高校出身者として、同氏にシンパシーを感じました。

今回のニューズについては賛否両論ありますが、同氏には初心を貫き是が非でも卒業してもらいたいです。

 因みに、私の手元には、入学した1992年10月~卒業後も継続購入していた2013年3月迄の三色旗がありますが、在学中は積読状態だった為、卒業後、時々、読んでいます。

DSCF1517.jpg

 数年前、三色旗が廃止されたと風の噂で聞きました。

三色旗は、勉強方法だけでなく興味深い内容が多く有意義な情報が多々得られただけに、廃止はとても残念です。

DSCF1518.jpg

DSCF1522.jpg

DSCF1524.jpg

DSCF1532.jpg

DSCF1529.jpg

DSCF1534.jpg

以上

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

2018/07/15(日) 11:08:04 | URL | #-
資格マニアさん、こんにちは。
以前のサイトでお邪魔させていただいた、スシネコと申します。

ロンブー淳の慶大通信入学の件は、自分もビックリしました。同時に、通信制大学で最も卒業が困難な大学を選び、果たしてタレント業と兼任で卒業までたどり着けるか見守りたい気持ちも持ちました。

そこで、資格マニアさんにお聞きしたいことがあります。資格マニアさんは、慶大卒業までに何年くらいかかりましたか?

実は、私も、現在慶大ではありませんが通信制大学四年に在籍中で、来年以降、慶大を含めた他大学通信制への三年次編入を検討しています。

慶大はネームバリューで見れば申し分ないのですが、卒業までのハードルの高さで諦めた経緯があり(その結果、現在在籍中の大学を選びました)、来年以降再チャレンジしたいという思いがあります。ちなみに、学部は、資格マニアさんと同じ法学部甲類を考えています(現在在籍中の大学学部は、法学部ではありません)。

環境や置かれた立場は、人それぞれ異なるので、一概に卒業までの年数を語ることはできないのは承知していますが、判断の一助になればと思い、質問させていただきました。長々と書き連ねて、申し訳ありません。

Re: タイトルなし

2018/07/16(月) 17:01:02 | URL | 資格マニア #-
私の場合は、卒業するのに15年半(休学期間4年間含む)かかりました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する